FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


フリーエリア

父の日にビールはいかが?


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


フリーエリア


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


QRコード

QR


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


白薔薇の呪縛あとがき
 アニメⅡラスト補完小説9/25から、今日でNO.10で、やっとFINになりました(・_・;)
 携帯ブログで書いた様に、喧嘩になる筈が甘くなってしまいました((+_+))
 悪魔同士が結ばれると、離れられなくなるのは、九条の捏造ですので、ご注意を・・・
 携帯ブログでは、問題?話題のセバシエのアニメージュイラスト載せています。
 このイラストのイメージで、白薔薇の呪縛をお届けしました。
 やっぱり、セバスチャンから、シエルを求めないと、黒執事らしくないと思います。
 アニメⅡのシエル悪魔化は、賛否両論では、ありますが、九条は個人誌一冊目と三冊目で、既に発行してますので、ネタバレ?かと慌てました(・_・;)
 セバスチャンにお仕置きの意味では、良い結果だったと思っています。
 アニメⅠのラスト近くに、セバスチャンが女王を庇ったシエルに愛想つかして、放置プレイしてますよね。
 九条は、自分勝手なセバスチャンに納得出来なくて、契約を自分から破棄したセバスチャンに、シエルからのお仕置きの意味も込めて、悪魔になって、主としてセバスチャンを縛り付ければいいと思っています。
 ウチのセバスチャンは、結局、女王様シエルに仕えると言うヘタレです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
 かっこいい、セバスチャンは書けません・・・
 明日以降書く予定のアニメⅡラスト補完小説は、ガラっと装いを変えて、お届けする予定です。
 悪魔でシエルに冷たいセバスチャン・・シエルも悪魔なのでセバスチャンを追い詰めるって感じです(・_・;)
白薔薇の呪縛NO.10
「嗚呼・・・坊ちゃん、もっと早く解り合えたら良かったですね・・・貴方が悪魔になって死ななくなったのは、喜ばしい事です。もう、私は、貴方を裏切りませんよ。共に、死をわかつまで、永遠に・・・」セバスチャンも、余裕等、なくなっていた。
 シエルが人間だった時にも、散々抱き合っていた。
 しかし、今程、快楽を感じた事はなかった。
 「ああっ・・・もう・・・セバスチャン・・・僕はもう・・・」シエルは、悪魔になって日も浅く、凄まじい快楽に翻弄され、限界を迎えようとしていた。
 「ええ・・・坊ちゃん・・・私も、もう・・・一緒に・・・イキましょう・・・」セバスチャンは優しく微笑むと、シエルを抱き締め、律動を激しくする。
 「はああっ・・・」
 「うっ・・・」二人は同時に、快感を感じ、果てた。
 セバスチャンは、シエルの激しい締め付けで、熱い迸りをシエルの体内に放った。
 寝室に甘い香りが漂う。
 悪魔の精子は、味は人間のソレと変わらぬが、甘い香りで人間の女を誑かすのだ。
 二人は、繋がったまま、意識を飛ばしていた。
 ここは、セバスチャンの城・・・
 誰も邪魔する事は出来ない・・・
 二人は互いに微笑みを浮かべ、安らかな眠りについた。明日からはいつもの主従として目覚めるのだ。 FIN
白薔薇の呪縛NO.9
「気付いてらしたのですか・・・私自身どうやったのか、理解出来なかった・・・死んだ貴方を助けたつもりなどありませんでしたから・・・私の魔力を移したから、貴方はハンナに悪魔にされてしまったのかも知れません・・・」セバスチャンは、わざわざ自分の魔力を使い、シエルの命を繋いだ訳ではないのだ。
 只、消え逝くシエルの命の火が、再び、燃え盛るのを望んだだけだ。
 復讐を遂げるまで、死なないと言うシエルの強い意志が、セバスチャンの魔力を呼び寄せたのかも知れない。
 「もう、いいではありませんか・・・貴方と私は番いとなった・・・私は貴方の夫となり、貴方は妻・・・眷属同士なのですから、もう離れる事もありません・・・もう、二度と、貴方を裏切らない・・・」セバスチャンは、泣き止まないシエルの頭を腕に抱いた。
 「それならいい・・・セバスチャン二度と僕を欺くな!今度、裏切ったら殺すぞ!」人間だった時、いつもシエルが言った言葉・・・セバスチャンは凍ってしまった心が溶けていき、シエルを愛した心が、蘇ってくる気がした。
 「嗚呼・・・私は何と愚かな・・・クロードから貴方を奪い返したと言うのに・・・こんなにも、貴方を傷つけた・・・愛して・・・います・・・シエル・・・例え、悪魔になっても、貴方は貴方らしさを失っていなかったと言うのに・・・」セバスチャンは自分の中で溢れだすシエルへの愛しさに、唇を重ねた。
 身体にゾクっとした脳を痺れさせる様な陶酔感に満たされる。
 自分を従わせる不思議なオーラの様な物を持つシエル
 だからこそ、セバスチャンはシエルと契約したのだから。
 シエルからは、青い高貴な精気が、オーラとなってセバスチャンを包み込み、飢えを満たしていく・・・
 「嗚呼・・・甘い・・・これが貴方の精気・・・美味しいですよ、坊ちゃん・・・」セバスチャンが喘ぐ。
 二人の秘部は、濡れていて、シエルの蕾にセバスチャンのモノがスルッと潜り込む。
 「ああっ・・・セバス・・・気持ち・・・いいっ」シエルも快感を感じ、セバスチャンの首に手を回す。
 グチュグチュっと淫らな水音が寝室に響くが、二人の耳には届いていない。
 繋がった場所は、蕩けるほど熱く、一つに溶け合う程の快楽に二人は、支配されていた。
 もう、どんなに激しく抱いても、セバスチャンにシエルを壊す事は出来ない。
 心のタガが外れた二人は、激しくお互いを求め合う。
 主と執事であるのは、人前だけの建前。
 寝室でお互いを求めている間は、只の夫婦なのだから・・・
 「セバスチャン・・・僕もお前を愛してる・・・お前に出会えて良かった・・・感謝している。もう、魂はあげられないが、どこまでも、一緒だ。」不器用な愛を知らない幼い子供の只一つの真実の言葉。
白薔薇の呪縛NO.8
 シエルの目から、大粒の涙が溢れる・・・
 「坊ちゃん・・・」セバスチャンは目を見開き、慌てていた。
 人間だったシエルの泣顔など、見た事がなかったから・・・
 「セバスチャンの馬鹿・・・どうしてお前は・・・」(僕を裏切ったんだ)
 シエルは悲しみのあまり、二の句がつげなかった。
 「嗚呼・・・坊ちゃん、泣かないで。悪魔になったのに・・・人間だった頃は、ここまで泣かなかったのに・・・貴方はズルイ・・・私をどこまでも縛り付けて、離さない・・・こんな筈じゃなかったのに・・・貴方を殺せは良かったのでしょうか?」セバスチャンは自分の選択が、間違っていた事に、今更ながら、気付いてしまった。
 只、人間は餌に過ぎない・・・空腹を満たすだけの獲物・・・それでも、クロードに遅れを取り、必死にシエルを取り戻そうとした時、そうは思ってなかった筈・・・
 どこから歯車がズレてしまったのだろう・・・例え、どんなに強大な魔力を持ってしても、高位の悪魔であろうが、魔界の帝王サタンの力を借りたとしても、シエルを人間に戻す事は、不可能なのだ。
 そんな事を出来るのは、只、神の力のみ・・・
 一度失った物は、二度と取り戻せない・・・
 シエルの命は、二度失われていた筈だから・・・
 「何故、僕を二度も生かした?僕は黒ミサの時、既に死んでいたんだろう?王宮で撃たれた時も・・・」シエルは、セバスチャンが何らかの力で、自分を生かし続けたんだろうと、自覚はしていたのだ。 
白薔薇の呪縛NO.7
「いいじゃないか・・・神に見捨てられ、悪魔に堕とされた僕と、主人を欺いて、人間だった僕の魂を喰らえなくなった愚かな悪魔のお前・・・これ以上似合いの番いもいないだろう・・・」シエルの言葉が、セバスチャンの胸に突き刺さる。
 人間等、只のエサと思っていたのに、シエルに魅せられ、命を奪う前に最後のキスをしようとした。
 一瞬の油断が命取り・・・永遠の伴侶を得たセバスチャンの心は晴れない。
 シエルはセバスチャンと夫婦になっても変わらず、セバスチャンを縛り付ける。
 シエルの本当の望みは、この世から消え去る事。
 愛した悪魔のエサとなり、自分自身の感覚がなくなり、セバスチャンの中で、吸収され、同化し、セバスチャンの空腹を満たすのが、シエルの喜びだったのだ。
 最早、望みは叶う事なく・・・かと言って、素直にセバスチャンに愛を伝え、抱かれる事すら、今のシエルには、出来なかった。
 悪魔になってしまった以上、どうしても、残酷な感情が湧きあがってしまうのだ。
 セバスチャンに見捨てられ、女王の兵士の銃弾により、流れた血でセバスチャンと再契約を果たし、天使を殺し、全ての復讐は完了した筈だった。
 しかし、セバスチャンがまたしても自分を裏切った事実は消えない。
 悪魔になったばかりのシエルにセバスチャンの心の内までは、覗けないが・・・
続きを読む
白薔薇の呪縛NO.6
「嗚呼・・・坊ちゃん・・・」いつになく、セバスチャンはシエルを求めた。
 シエルが人間だった頃も、幾度となく抱きあった。
 しかし、今程の快楽は味わってはいない。
 汗を滴らせ、大人の男のくせに、余裕のない様は、シエルには滑稽だった。
(哀れな悪魔・・・僕の魂だけ求めて、クロードに利用され、ハンナにも、弄ばれて・・・同族に裏切られたのは、僕と同じか・・・僕達は似た者同士か・・・)シエルが自嘲気味に微笑む。
 「セバスチャン、もう二度と、僕の傍を離れるな!二度と、僕を手放すな・・・他のモノを見るな!お前は、永遠に僕の執事。そして、永遠に僕のモノ!これは、命令だ!」ズルイと解っていても、シエルは命令してしまう。
 二度と、セバスチャンを失わない為に・・・
 自分を裏切ったセバスチャンは、知っているセバスチャンではなかった。
 只一人、シエルが愛したセバスチャンではなかった。
 「イエ・・・ス・・・マイ・ロード」切羽詰まった表情でやっと返事するセバスチャン。
 シエルの締め付けに耐えきれず、今にも、欲望を迸らせてしまいそうなのを、懸命に耐える淫らな姿。
 「フフ・・・どうだ?セバスチャン僕の身体は・・・凄くいやらしい顔しているぞ・・・」シエルの内部で、大きくなるセバスチャンのモノ。
 シエルも余裕等なくなってくる。
続きを読む
白薔薇の呪縛NO.5
「嗚呼・・・坊ちゃん・・・」セバスチャンは、異常に興奮している自身に苦笑するしかなかった。
 悪魔になってしまったシエルは、死人同然・・・ハンナの言葉が蘇る・・・
 しかし、今となっては、どうでも良い事・・・
 シエルが自分の愛撫に素直に反応する様が、面白くて仕方ない・・・
 「早く・・・セバス・・・」虚ろな表情のシエルが、先を促す。
 「ええ・・・いきますよ・・・」セバスチャンは、シエルのおねだりに自身を轢くつく蕾に宛がった。
 ズプッ・・・狭いシエルの中に、セバスチャン自身が挿入された。
 「ああっ」シエルは、白過ぎる肌をほんのりとピンクに染め、のけぞった。
 強烈な快楽に二人は、翻弄される。
 「坊ちゃん・・・そんなに締めたら、私は、もう・・・」セバスチャンは、自身をもっと奥へと呑み込もうとするシエルの狭い蕾に、溺れていった。
 悪魔になってしまったシエルに、何の興味も持たなくなった筈なのに・・・
 悪魔同士で婚姻を交わすモノは、極端に少ない。
 番いになれば、相手しか見えなくなるからだった。
 享楽、怠惰で淫らで、自由に生きる悪魔にとって、一番要らない感情だったから・・・愛等と・・・
 セバスチャンが愛していたのは、シエルが人間であった時の魂のみ・・・
 どんなに踏みつけられても、闇に染まっても、失わなかった気高い魂のみ・・・
 
続きを読む
白薔薇の呪縛NO.4
「構わない・・・僕はお前しか、いらないって言った筈だ・・・お前は、僕の魂を食べて、自由になれると思っていただろうがな・・・悔しいかセバスチャン?もう、僕は、二度とお前を離さない・・・」シエルの心からの叫び。
 同族の人間に運命を変えられ、悪魔に弄ばれたのだ。
 それくらい望んでも、罰は当たらないだろう・・・そう、シエルは呟くとセバスチャンの首に腕を回す。
 悪魔は元天使・・・尤も神に愛された大天使、別名、光の天使ルシフェルは、人間に嫉妬した。
 神は自身の分身として人間を作り出したが、知恵を与えなかった。
 純粋、無垢な心のアダムとイブは、只、毎日、笑って一緒に過ごした。
 蛇に化けた悪魔の誘いで、禁断の果実と言われた、リンゴを食べて、知恵をつけ、恥じらい、その後は、性欲が芽生え、愛し合う事を余儀なくされ、悪魔に穢されたのだ。
 人間の一生は、その日から、神に弄ばれ、苦難に満ちた、修行にも似た、運命に翻弄される事になったのだ。
 神を裏切った代償として・・・
 悪魔にも、罰は下された・・・
 悪魔同士の交接は、一度、契ってしまえば、あまりの快感に離れられなくなる。
 悪魔は元天使が多いのだ。
 傲慢な神は、自身の姉を妻にしたばかりか、実の妹にも子供を産ませていた。
 豊穣と季節を司る女神デメテルの娘ペルセフォネー・・・後に、ハデスの妻となるゼウスの娘。
 実は、ハデスは女神レアの策略により、産まれる順番を取り替えられていたのだ。
続きを読む
白薔薇の呪縛 NO.3
「ハンナさんは、恐ろしい方ですね。何も知らない坊ちゃんに何をお伝えしたのか・・・宜しいのですか?一度、身体を重ねれば、もう、後戻りは出来ないのですよ?お互い悪魔になった今では・・・」セバスチャンの言ってる意味が理解出来ないシエルだった。
 今まで、散々、シエルを抱いていたセバスチャンだったから・・・
 「これ以上、何がどうなるって言うんだ?もう、壊れてしまった関係は取り戻せない・・・失くしたモノは、取り戻せない・・・人間でなくなった僕は、二度と人と触れあう事すら出来ないんだ・・・お前を選んだのは僕だ。お前は、永遠に僕の・・・僕だけの執事だ・・・やっと手に入れた。僕だけの為に生きる存在。僕を置いて、死ぬ事のないお前・・・もう、二度と傍を離れるな!どんな理由があろうと、二度とよそ見は許さない!何処でも、一緒に行動するんだ。わかったな、セバスチャン。僕は、どんな事をしても、僕を守れと命令したのに・・・裏切ったのは、お前だ。人間の僕を失ったのも、自業自得だ!」シエルは、セバスチャンに冷たく言い放つ。
 「申し訳ございません、坊ちゃん。私の油断により、貴方を永遠に失ってしまった・・・これからは、誠心誠意お仕え致しましょう。しかし、これからの行為・・・一度、触れあってしまったら、もう、止める事は出来ません・・・どこまでも、果てしない闇に堕ちても、構わないのですか?」セバスチャンはしつこく食い下がり、今まで自分の身体を貪ってきた男と同一人物だとは、思えなかった。
 「しつこい、何度も確認するな!僕がいいって言ってるんだ。さっさとしろ、腹がへって叶わん・・・」シエルはセバスチャンに抱きついてきた。
続きを読む
小説「白薔薇の呪縛」NO.2
「哀れな悪魔・・・」アロイスに身体を支配され、魂はアロイスと背中合わせで、二人の腕が、鎖で繋がれていた時に、シエルが言った言葉・・・
 セバスチャンとクロードが戦い、勝利した方に向けられた言葉・・・
 シエルはセバスチャンが勝利すると信じていた。
 そして、自分に向けられるセバスチャンの目が、変わる事も、解っていた。
 セバスチャンは、悪魔の中でも、冷酷だと気付いてしまったから。
 自分が間抜けだったから、シエルが悪魔になったと解っていたとしても、シエルの心情を察する事はない。
 (ただの獲物に過ぎない。ならば、悪魔になった僕はどうすればいい・・・誰に怒りをぶつければいい・・・)シエルは思い悩んだ。
 その果ての行動が、セバスチャンの肩に爪を突き刺す程度なのだ。
 元々、悪魔だったセバスチャンに、ハンナの力が働いたとは言え、にわかに悪魔になったシエルの魔力が勝るとは言えない。
 仮に殺し合ったとしても、悪魔同士だから、決着は着かない。
 かと言って、例え腹がすいたとしても、人間の魂など、口に出来よう筈がない。
 シエルの思考など、先輩悪魔のセバスチャンが本気になれば、知る事も可能だが、執事である以上、でしゃばるのもどうか?とセバスチャンは思った。 
続きを読む