FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


QRコード

QR


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


淫獄の罠・・・あとがき
 シエルのセバスチャンお仕置き小説、やっと終わりました。
 実は、もう一本、触手なしの別バージョン書く予定です。 勿論、セバスチャン受けで(・_・;)
 こんなのセバスチャンじゃない方、九条のブログは、こんな感じですので、申し訳ありませんでした(・_・;)  触手ネタ、一度はやってみたかったので、満足しています。 二週間は、仕事休んで、安静にしてなきゃならない九条ですので、ブログの更新頑張りたいと思っています♥
 お気に召したお嬢様は、今後とも宜しくお願いしますね♥
 今、休むとボーナスに響くのですが、元々、10万もないので、まぁいいか・・・
 しかし、3年前より、1XX倍の儲けになっているので、期待したかったのに・・・
 ボーナスが給料より、安い会社は、ヘルパーやってた以来でびっくり(・_・;)
 九条の班の瓶、市場にて、売れまくっているので、休みたくなかったのに・・・仕事に嫌気さしてからなぁ・・・サンOリーのライバル会社の瓶、17日に応援で行ってましたし(・_・;)

シエルが悪魔になるラストは、枢先生の7/3ブログ内のイラストのシエルの右目が赤いので、悪魔になるんだと喜んでた九条です♥
 個人誌漫画では、既に描いてたので(・_・;)
 コミック・ボックス ジュニアvol.178 P279「White Room1」前篇掲載とブログ内7P漫画と、セバシエのHシーン満載の漫画の個人誌です(-_-;) 最近、セバスチャン受け書きたくてヤバイ・・・
 基本は、セバシエなのですが、原作で、シエルの為なら、死体になるセバスチャン可愛くて・・・キャッ 
 アニメでも、シエルが主でセバスチャン下僕でしょ?
 セバスチャン受けっぽいじゃない?って感じ・・・ 東京に住んでいたら、ナンジャとか、行けたのに残念・・・
 どの道、現在、歩行困難なので、のんびりローペースの歩き方で、極力、お金使わず、二週間過ごしたいと思っています。
 退屈を持て余す、悪魔セバスチャンの気持ちが解る・・・動きが制限されてて、苦しい・・・
 左足首だけでなく、右膝のケガ、右の弁慶の泣き所の打ち身で、踵付けて今、PCやってたら、腰痛がぶり返しそうなので、この辺で・・・
 旦那がいる間は、PCやれないかも知れないので、次は月曜かも(・_・;)
 次回はGファンタジーの感想、隠さずに行くかも・・・ ネタバレ嫌なお嬢様は、ご遠慮下さいね♥ 
淫獄の罠NO.6
「やぁぁぁ・・・」過ぎた快楽にセバスチャンの理性は、弾け飛んだ。
 「もう、そんな・・・早く・・・」待ちきれないと、セバスチャンの内は、シエルの舌でさえ締め付ける。
 「犬のくせに待てが出来ないのか・・・仕方ないな・・・」言葉と裏腹にシエルは、嬉しそうだった。
 本当に欲しかったのは、こんなセバスチャンではなかったが、しかし、そんな風にしたのは、自分なのだ・・・
 10歳でセバスチャンに出会い、契約し、何度も抱かれてきた。
 悪魔なので、低い体温のセバスチャンに抱かれ、それでも快楽に支配され、満ち足りた日々を送っていたシエルだった。
 例え、望みが叶うひと時までの関係であっても構わなかった・・・
 しかし、夢は破れ、自分に対してのセバスチャンの気持ちを見失った今、シエルは、変わり果てたセバスチャンであろうとも、欲しかった・・・今のシエルは悪魔だから・・・
 自分の感情を第一にし、欲しいモノを手に入れる為なら、どんな手も使う存在になったシエルには、これしか、方法がなかったのだ。
 「ああ・・・シエル・・・」ペッドの中でしか、自分の名を呼ばない悪魔セバスチャンを手に入れてシエルは、満足だった。
 「はぁぁぁ」セバスチャンの内は、熱く蠢き、シエルをもっと奥へと誘う。
 「うっ・・・もう、そんなに締めるな・・・イク・・・」シエルは限界を感じていた。
 「どうぞ、坊ちゃん・・・私も・・・もう・・・」シエルは、セバスチャンの甘い啼き声を味わいながら、律動を激しくし、抜くほどの激しさでセバスチャンを翻弄する。
 「ああっ・・・」セバスチャンが果てる瞬間、再奥に己のモノを穿ち、セバスチャンの再奥にシエルは熱い精液をまき散らした。
 まるで、お前は僕のモノだと知らしめる様に・・・
 「はぁっあああ・・・」セバスチャンは、叫び声の様な嬌声を発し、白い喉を逸らし、クッタリとペッドに倒れ込んだ。
 「ああ・・・セバスチャン・・・」シエルは、気を失ったセバスチャンの唇に軽いキスを送った・・・
 程良い疲労感に苛まされたシエルは、セバスチャンの胸に頭を乗せたまま、自身を抜くのも忘れ、寝入ってしまった・・・

 どれほどの時間がたっただろう・・・
 シエルは、温かい感覚に覚醒しだした・・・
 「う・・・ん」「お目覚めですか?坊ちゃん、待ち焦がれましたよ・・・」後ろから声がする。
 「セバスチャン・・・」シエルは、背後から自分を抱きしめてるのが、セバスチャンだとは気付いたが、何処にいるのかは、理解していなかった。
 「もう、私の内に入られてたままで、眠ってらっしゃるのだから、抜くのに苦労致しましたよ。」溜息混じりにからかわれた。
 「セバスチャン・・・やっと戻ってきたのか?」シエルには、解ったのだ。
 今のセバスチャンは以前のセバスチャンなのだと・・・
 「はい、ご心配おかけしました。貴方は、貴方・・・悪魔になられ様と私が魂だけではなく、心も身体も、欲した貴方だとやっと気付けました。間抜けで、愚かな私を許して下さいますか?」セバスチャンは、今まで散々、シエルに嬲られていた本人とは、思えなかった。
 「セバスチャン、セバスチャン・・・」シエルは、後ろを振り向き、ガバッとセバスチャンに抱き付いた。
 荒々しく唇を奪う。
 その時、バシャッと音がして、今いるのは、バスタブの中だと気付いた。
 「フフ・・・やっと戻って来た・・・僕の悪魔・・・僕だけのモノ・・・愛しい悪魔セバスチャン・・・」シエルの目から涙が流れていた。
 「坊ちゃん・・・私も貴方を愛しております・・・この気持ちに早く気付いていたらと想うと、残念でなりません」シエルが悪魔になった瞬間、殺そうとした者の言葉とは、思えなかった。
 「過ぎた事を言っても、埒もない。失った物は、二度と戻らない。お前がお前である様に、僕は僕だ。いいか、誓え、お前は僕を二度と裏切らないと、永遠に僕と共に生きると、どちらかが、消滅する時、共に滅びるのだから・・・」「ええ、誓います、マイ・ロード。貴方のお傍に永遠に共に滅びるまで・・・私は、貴方の永遠の執事であり、伴侶なのですから・・・」セバスチャンは、ピジョン・ブラッドの瞳を輝かして誓う。
 シエルの愛してやまない美しいルビーの様な紅い瞳・・・
 この瞳を見たいが為にシエルは、セバスチャンの理性を奪う為に、「触手」と言う存在を召喚したのだ。
 しかし、セバスチャンの方は、堪らない。
 主と言えと、13歳の元人間のガキに嬲られ、喘がされ、好き勝手されたのだから・・・
 「勿論、ここまでされて、私が黙っている訳ない事くらい御聡明な坊ちゃんなら、御解り戴けてらっしやいますね?」セバスチャンの笑顔が怖い・・・
 「あの・・・えっと、その・・・不可抗力だ(・_・;)」「難しい言葉並べられても駄目ですよ。私を躾た貴方ですが、私の躾も甘かったんですね・・・大人な私に行なった拷問と呼べる程、過ぎた行為には、さすがの私も心が折れました。貴方が教えて下さったのですから、私も貴方を見習いましょう・・・勿論、お仕置きは、触手で・・・」セバスチャンがパチンと指を鳴らすと、ザァッと聞きなれた音がした。
 「いやだぁ・・・」シエルの声は、ニュルニュル、ウネウネと言う音と共に、小さくなっていく・・・
 「ううっ・・・」シエルは触手に身体を絡め取られ、口には、セバスチャンのモノを咥えさせられていた。
 これから、セバスチャンにどんな仕打ちをされるのか、恐怖を感じながらも、期待しているシエルだった。
 悪魔は、享楽に貪欲だから・・・                   FIN
 
淫獄の罠NO.5
「坊ちゃん、早く・・・」セバスチャンは、前と後ろを触手に嬲られ、淫らな顔でシエルを誘う。
 シエルは、人間だった頃の思い出を捨て、セバスチャンだけと生きようとここに来たのだ。
 天界の媚薬に翻弄され、いつになく、いやらしいセバスチャン。
 性器からは、トロトロと白濁を零していた。
 「凄い、セバスチャン・・・」シエルは妖艶なセバスチャンの表情に、自身が昂るのを感じていた。
 セバスチャンの精液は、シエルには甘いのだ。
 ペロペロと舐めると「ああっ」と快楽に濡れたセバスチャンの官能の声がした。
 「まだ、僕のはやれんな・・・」シエルが、セバスチャンの隣に寝そべった途端、触手が動き出し、セバスチャンの角度を変えて行く。
 シエルの魂をクロードに奪われた時、膝をついて項垂れた格好をとらされた。
 例え、射精しても、シエルにかかる事のない様な、角度と位置に調節された。
 尿道口を嬲っていた触手は、抜き差しを激しくしだし、セバスチャンを翻弄する。
 「ああっ、だ・・・め・・・やぁ、何かくる・・・もう、ああ・・・抜いたら、違うのが・・・だめ・・・」言葉にならないセバスチャンの叫び。
 切羽つまったセバスチャンは、魅力的だ。
 シエルは下肢を煽られ、早くセバスチャンの処女を奪いたい気分にさせられた。
 蕾の触手は、シエルを一番に迎え入れるソコだからか、蕾をサワサワと嬲るだけ・・・
 「ああ・・・イク・・・」セバスチャンからは、一際高い快楽の喘ぎ声が、紡がれた。
 しょろろろろ・・・射精の時の精液とは、違う音・・・快楽に支配された身体は、コントロールが利かず、触手を抜かれた瞬間、セバスチャンは、放尿してしまっていたのだ。
 「うっう・・・」セバスチャンの頬には、屈辱の涙が一筋流れていた。
 悪魔になった主とは言え、たかが13歳の子供に、翻弄され、快楽のあまり、失禁させられたとは、屈辱以外の何者でもない。
 「クク・・・お前が御漏らしするとはな・・・どうだ?触手の味は・・・感じただろう・・・」「酷い・・・です、悪いのは私です・・・だからと言ってこんな事・・・」セバスチャンは、涙が止まらなかった。
 永く生きているから、大人だろう。
 シエルに翻弄される自分等、見たくはなかった。
 「ああ・・・ピショピショじゃないか・・・このままじゃ、続けれん・・・」シエルは、指をパチンと鳴らし、触手を消すと自分の腕にバランスを崩したセバスチャンを抱いて、風呂場へ向かった。
 シエルがベッドを後にした時、シエルの魔力で、汚れたビニールは消滅し、真っさらな白いシーツが現れた。
 ビニールのベッドは、セバスチャンの出したモノを受け止める為の物だったのだ。
 「ああんっ」風呂場に木霊する悩ましい声・・・
 セバスチャンが発する声・・・
 シエルは背後から、セバスチャンを抱く形で、二人でバスタブに浸かっていたのだ。
 散々、触手に嬲られた箇所に、シエルの指が入り込む。
 いつもの指とは違い、長く細い指・・・
 シエルは、自分の身体を成長させ、セバスチャンの身体に釣り合う年齢に近ずこうとしたのだ。
 その為に、使用する魔力を極力、抑えていたのだ。
 セバスチャンの中で、シエルの指は、縦横無尽に動き回り、蹂躙していく。
 「もう、坊ちゃん・・・ああっ」再び、セバスチャンは、絶頂を迎えていた。
 何度、果てたのか解らない・・・
 はぁ、はぁと肩で息をするセバスチャンの首筋に吸いつくシエル。
 「ああっ・・・止め・・・このままじゃ逆上せます・・・」セバスチャンの言葉に「仕方ないな・・・」苦虫を噛潰した様なシエルは、セバスチャンの身体を適当にササッと洗い、風呂場を後にする。
 床が濡れ様が、ベッドが汚れ様が、構わない・・・これくらいなら、魔力で何とかなるから、良いのだ。
 ベッドにセバスチャンを横たえ、組み敷いた。
 キスをして、セバスチャンと抱きあう。
 満ち足りた気分・・・「伴侶の契約」を交わしたせいだろうか?
 お互いドキドキしているのが、解ってしまう。
 「坊ちゃん・・・もう私は、逃げません・・・嫌がるかも知れませんが・・・貴方のモノで私を穢して・・・」セバスチャンは一言言うと、組み敷いているシエルの胸に抱き付く。
 「ほぉ、ちゃんとおねだり出来る様になったじゃないか?まずは、よく解さないとな・・・」シエルは、言いながら、セバスチャンの太ももに手を掛け、グイッと持ち上げ、蕾に舌を這わす。
 

 
淫獄の罠NO.4
(ならば、僕は心を鬼にして、前のセバスチャンを取り戻してみせる。二度と、僕を裏切らない僕だけのセバスチャンを・・・)シエルは、触手に命じ、触手は、セバスチャンをベッドに横たえさせた。
 ベッドは、何故か、ビニール製で、ガサガサと硬質な音がして、体温の低いセバスチャンでさえ、震える程の冷たさだった。
 ?となるセバスチャンだが、尿道口と蕾をサワサワと嬲り、熱くなった身体に翻弄される。
 「はぁ・・・んんっ・・・」理性を総動員して、取り乱さない様に、唇を噛み締める。
 「どうだ?触手の味は・・・我慢しなくていいんだぞ?素直になって、感じたまま、啼いてみせろ。僕を散々、嬲ってきた貴様が、僕に嬲られるとは、滑稽だ・・・お前だけは違うと・・・信じてきたのに・・・やっぱり、お前も悪魔なんだ・・・」何度も、シエルから言われる言葉・・・
 嘘の復讐相手を宛がったのは、シエルの魂を喰らう為・・・しかし、セバスチャンは、シエルに肝心な事は伝えていなかった。
 悪魔に魂を喰われ、肉体は失っても、悪魔の中で、魂だけの存在となり、生き続ける事・・・
 悪魔の執着が深ければ、深い程、獲物は、吸収されず、魂だけの存在となって、生き続ける・・・
 ハンナの中で生きるルカでさえ、三年生きていた。
 シエルは、セバスチャンの執着により、それ以上生き続けるだろう・・・
 シエルの望まないままに・・・
 セバスチャンは言わなかったのではない・・・言えなかったのだ・・・
 シエルは、セバスチャンを自分に死を与え、シエルと言う人間として、消滅させてくれる存在だとしか、見ていなかった・・・
 記憶を失う前までは・・・
 しかし、シエルは、クロードの元で、セバスチャンと引き離された時、気付いてしまった。
 自分は、セバスチャンを愛してしまった事に・・・
 一方のセバスチャンは、過去のシエルを取り戻す事のみに執着していた。
 シエルに嫌われたくなくて、記憶を失ったシエルを以前の様には、毎晩、抱けはしなかった。
 アロイスを殺す為に、素手で剣を握り、傷ついた掌の傷を癒す為に、傷を舐め、血の匂いに煽られ、興奮し、無理強いしたりはしたが・・・
 シエルの肌に触れるのを躊躇う様になっていたセバスチャン・・・シエルを騙し、嘘を吐いている事への罪悪感なのだ・・・
 シエルは突然、有り得ない行動に出た・・・
 自分の右手の手首に悪魔の牙を立て、傷つけ、血を口に含むと、セバスチャンの口に流し込む・・・
 「んんっ・・うっ」突然、唇を塞がれ、血を流しこまれ、ビクッとするセバスチャン。
 (坊ちゃん・・・まさか・・・)セバスチャンの心配は、やがて現実の物となる・・・
 次にシエルは、セバスチャンの紋章のある左手の手首に喰らい付く。
 「いたっ」顔を顰めるセバスチャン・・・
 流れる血をゴクっと一口飲むと、自分の傷付いた右手の手首と、セバスチャンの左手の手首の傷を合わせ様とする。
 「いけません!坊ちゃん、そんな事をしては・・・」セバスチャンの叫びは虚しく部屋に木霊した。
 「あああ・・・」途端に、二人の叫びが重なる様に発せられた。
 傷口から、二人の血は混じり合い、お互いの身体を巡り、熱くした。
 全裸の二人の身体は、重なり合い、二人に果てしない快楽と、享楽を与えた。
 「血の契約」
 悪魔同士がお互いを縛り合い、二度と逃れられない様に、お互いの存在が枷となる契約。
 どちらかが先に死んだ場合、相手の悪魔も、消滅し、二人共に死に至る魂の契約・・・
 「伴侶の契約」とも言う。
 セバスチャンがシエルを止めたのは、シエルのしょうとしていた事が、解ってしまったから・・・
 既に、セバスチャンは、500年程、生きている・・・
 悪魔として蘇ったシエルの寿命は、セバスチャンを大きく上回る・・・
 つまり、セバスチャンよりは、永く生きられるのだ。
 500年は、軽くセバスチャン以上、生きられるのを放棄したと言う訳だ・・・
 「坊ちゃん・・・貴方は何故・・・」悪魔の心のセバスチャンには、理解出来なかった。
 自分を執事として、隷属させ様としているシエルが、自分を伴侶に選んだ事が・・・
 「解らないのか?解らないだろうなぁ?解るまで、その身体に教えこむまでだ。」シエルの真意は、読めないセバスチャンだった。
 マダム・レッドこそが、切り裂きジャックの正体だと知れ、グレルに大事な叔母を殺され、打ちひしがれたシエルなのに、セバスチャンの、悪魔の誘惑の手を振り払ったのだ。
 契約の時、契約書を嵌め込む時、セバスチャンは、わざとシエルを抱いた。
 獲物にマーキングする意味もあったが、第一は傷を治し、命を繋ぎ止める為に、一番てっとり早いからだった。
 当時は、シエル自身に執着はしていなかった。
 いつの頃からか、シエルに触れる者全てに嫉妬し、女であり、婚約者であるエリザベスにさえ、苛立ちを覚えていたセバスチャンだった。
 悪魔としての美学は、シエルに執事として仕え、与えられた任務を遂行する事のみ・・・
 シエルと肌を合わせるのは、魂を喰うまでの代替え品にしか、他ならない筈なのに、シエルの身体に溺れたのは、セバスチャンの方・・・
 シエルは凌辱された記憶が勝り、どうしても、行為に没頭は出来なかったのだ。
 感じる事は、出来ても、心は冷めきり、溺れる事はなかった・・・
 身体は、心と裏腹に貪欲にセバスチャンを求め、強請った事もあったが、今の様にセバスチャンの身体を感じたいとは、想わなかったシエルなのだ・・・
 (僕は、セバスチャンを愛している・・・)自覚した時から、シエルは、セバスチャンでなくては、満たされない身体に、心に気付いてしまった・・・・
 セバスチャン以外は要らないと・・・
 エリザベスは、周りが決めた婚約者・・・愛情なんて一欠けらもなかった・・・
 人間であり、両親を失う事がなければ、伴侶としていた相手・・・
 運命が変わってしまった今、永遠に触れる事のない無邪気な従妹でしかない存在・・・ 
 女性としては、愛せないエリザベス。
 済まないと思うが、セバスチャンと比べる事はない。
淫獄の罠NO.3
「坊ちゃん・・・これは・・・」セバスチャンは言葉が続かない。
 「フフ・・・セバスチャンお前の良く知ってる触手だ。これでお前にお仕置きだ。」二ヤリと口元を歪めて、嬉しそうに嗤う。
 セバスチャンの腕に、身体に絡みつく、無数の触手。
 ヌメヌメした感触が、セバスチャンの身体を這いまわる。
 「坊ちゃん・・・何故・・・」「お前が無様だからだ。躾が足りん様だから、躾直してやる。」シエルの怒りは、収まらない。
 セバスチャンの乳首に絡み、下肢を拘束する触手。
 シエルは、セバスチャン自身を口腔内で愛撫している。
 後孔には、細い触手がサワサワと蠢き、セバスチャンの性感を昂らせた。
 「はぁ・・・坊ちゃん・・・さっき、何を飲ませたんですか?」「ああ、媚薬だ。身体が熱くなってきただろう?流石のお前も、天界特性の薬には、叶わないか・・・」シエルは、いつもと違い、余裕のないセバスチャンに二ヤ二ヤしてしまう。
 「グレルさんですか・・・何故、あんな死神を頼るのですか?」息遣いの荒いセバスチャンにシエルは、興奮を隠せない・・・
 「お前、僕を取り戻す為に、散々、あいつ利用しただろう?ここに来てすぐ、泣き付いてきたから、ささやかな復讐の為に、頼んだまでだ。勿論、あいつにお前のこんな顔を見せてやるほど、甘くはないがな。」シエルは、セバスチャンの顎に手を掛け、口付ける。
 くちゅ、ちゅっ唾液を絡ませて、セバスチャンの口腔を蹂躙する。
 「はぁんっ・・・」セバスチャンの悩ましい声・・・
 細い触手は、有り得ない個所に潜り込んだ。
 セバスチャンの性器の入り口・・・尿道口にズップリと・・・
 「い・・・痛い・・・坊ちゃん・・・」セバスチャンの顔が苦痛で歪む。
 「我慢しろ。すぐ、痛みも快楽に変わる。」(子供が何言ってるんですか(・_・;))セバスチャンは、シエルの仕打ちが酷くなるから、言葉を飲み込んだ。
 「いや・・・抜いて・・・下さい・・・ああっん・・・」シエルの指がツプッと蕾に挿入された。
 触手の分泌液で潤った蕾は、容易く、シエルの侵入を許した。
 指の抜き差しが激しくなると、セバスチャンは、身体を仰け反らせ、「もう、抜いて・・・ああ・・・シエル・・・ベッドの中でしか言わない主の名前・・・シエルの指は、蕾から離れて行った。
 「ち・・・違います、そっちじゃなくて・・・前・・・」セバスャンは、シエルの指ではなくて、触手を抜いて欲しかったのだ。
 「フフ・・・僕の指が欲しいなら、おねだりするんだな?どっちみち、僕がお前を抱くんだからな・・・」シエルの態度は、変わらない。
 (どうせ、何を言った所で、状況は、変わらない。私を抱くまで、坊ちゃんが、満足される事はないのだから。)
ならば、せめて、シエルだけを感じさせて欲しい。
 しかし、激しく抜き差しを繰り返す尿道口の触手は、セバスチャンの理性を奪っていく。
 「早く・・・坊ちゃん・・・貴方のを入れて・・・」羞恥心など、悪魔は、元々、持ち合わせていない。
 セバスチャンは、三年、シエルに仕え、シエルの身体を貪ってきた。
 それ故、シエルの感情も理解できるのだ。
 愛して、愛されなければ、人は、心を無くし、死んでしまうあわれな生き物・・・
 今のセバスチャンは、悪魔だが、人間らしく成り過ぎ、シエルの魂をクロードに掠め取られた。
 (それでも、私は、貴方の魂を食べれなかった。キスしようとしなければ、この事態は避けれたのでしょうか?)自問自答を心の中で繰り返す。
 失われた物は、二度と還らない。
 今のセバスチャンは、過去のシエルの悪魔ではない。
 只、シエルに執事として仕え、シエルの為だけに生きていたかつての悪魔、セバスチャン・ミカエリスは、永遠に失われてしまったのだ。 
 
 
淫獄の罠NO.2
旦那が帰るまでですので、ぶっちぎれるかもです(・_・;)
 セバス受け苦手なお嬢様、戻って下さいね♥
沢山、アクセス頂きまして、ありがとうございます♥
 2010.2.3PCブログ開設しまして、何も解らないまま、ここまで来ました・・・
 レイアウト酷くて、申し訳ありません。
 少しでも、楽しんで頂けます様に日々、努力いたしますので、これからも、宜しくお願い致します♥
 では、とんでもないタイトル付けて、後悔しているセバス受け小説いきます・・・

    「淫獄の罠」          NO.2
 自分で呼んだ訳では、ないのだ。
 有り得ない光景に目を見開き、セバスチャンは、悪魔なのに、恐怖を感じていた。
 無数に蠢くソレ・・・
 「触手」なのだ。
 セバスチャンの目の前で無数に蠢く者の正体は・・・
 シエルが自らに使用する訳では無かろう・・・自分に向けられるであろう、シエルの怒りは、意外な形となって現れたのだろうか?
 否、シエル自身の明確な意思の元、触手は召喚されたのだ・・・ 
淫獄の罠NO.1
 「坊ちゃん、お目覚め下さい。」いつものセバスチャンの声・・・
 只、違うのは、今のセバスチャンは、人間界に在った時と違い、シエルを見ていないと言う事・・・
 否、見てはいるのだが、シエル自身に向き合っていない、シエルに興味を失ったから、生気のなくなった目で、見ているだけなのだ。
 それに比べ、「女王の番犬」の肩書から、只の「シエル」と言う名だけの悪魔になったシエルは、自由を満喫しているのだった。
 セバスチャンを執事として従え、日がな一日、読書して、夜になると寝るだけの毎日・・・
 紅茶すら飲めないシエルの世話は、至極簡単で、朝起こして、着替えをさせ、只、傍にいるだけのセバスチャン。会話は、以前に比べ、減っていた。
 嫌味を聞かないで済むシエルだが、寂しいとさえ、感じてしまう・・・
 (変わり過ぎだ・・・私の坊ちゃんと言ったり、移動する度に、姫抱っこしたのは、何処のどいつだ!)ほぉっとため息をついても、以前と違い、セバスチャンは、無言なのだ。
 (クロードなら、確実に魂喰らってくれたかも?変態だったが、こんな事なら、あいつと契約しとけば、良かったのか?)シエルの頭の中では、後悔で一杯だった。
 シエルの思考など、その気になれば、このくらいなら、セバスチャンには、解ってしまう。
 只、読めないのは、シエルが自分を愛していると自覚したシエルの覚悟。
続きを読む