FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


フリーエリア

父の日にビールはいかが?


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


フリーエリア


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


QRコード

QR


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


青薔薇の誓い・あとがき
 珍しく、書く方向を見失った小説でした(・_・;)
 セバス受け嫌な、お嬢様ごめんなさいでした(・_・;)
 頭の中のストーリーとまったく違う小説になりました。楽しんで頂けましたか?
 実は、ラストは、二種類ありました。
 セバスがシエルの子孕んで、ファントムハイヴ家に戻るが、色々あるラストと、子供は出来なくて、セバスチャンの性欲の激しさ、シエルを求める貪欲さに、飽きたと言うか、恐怖を感じたシエルが、セバスチャンから、必死の思いで、身を隠すストーリーが本当のラストだったんですが・・・ギャグが、シリアスラストで・・・
 九条自身が今度の金曜まで、仕事にいけないケガで、家で静養してる状態で、堕ち込み気味なのもありますけどね(・_・;)まぁ、原因作ったの私だから、仕方ないんですが・・・
 次回は、携帯ブログで放置していた「黒ミサ」編お送りします。
 このブログ内のセバスチャンの正体の別バージョンで、個人誌の謎の女性の正体とかもハッキリさせたいと思います♥
 今度は、パリパリのシエル受けで、凛々しいセバスチャン書く予定・・・予定は未定(・_・;)
 一日でアクセス数が26で、とても、嬉しいです、有難うございました♥
 明日、個人誌四冊目が、進んだら、Ⅰの漫画をブログ内にアップしたいです(-_-;)
 シエル女体漫画なので、嫌な、お嬢様は、ブログ見ないで下さいね(・_・;)
 出だしは、携帯ブログとは、違うかも・・・多分、長編です(-_-;)
 携帯ブログは、モブログで何もかも、「黒執事」のカテゴリーが、殆どで悪しからず・・・
 携帯プラン、変更不可能になったのが、今日ドコモに行って解ったので、見直ししなければ、携帯ブログでの長い文章は載せない事になりますので、ごめんさい。
 HP立ちあげて、全部、統一するのが、野望です(-_-;)
 休んでても、時間、足りないの(・_・;)
 では、次回作でお目にかかりましょう・・・
青薔薇の誓いNO.6
セバスチャンは、貪欲に快楽を感じ、喘ぐ。
「ああ・・・坊ちゃん・・・」シエルは、セバスチャンの花弁を搔き分ける様に、舐め、しゃぶってやる。
 「はぁっ・・・」身体と声は、すっかり女になったセバスチャン・・・そんな中途半端な状態の元彼を抱くのは、シエルにとっても複雑な気持ちだった。
 指を挿入し、掻き回すだけで、セバスチャンは快楽に背を逸らせて喘いでいた。
 「早・・・く・・・坊ちゃん・・・」シエルの熱いモノが欲しくて、強請るセバスチャン。
 「さぁ・・・セバスチャン・・・これが、欲しいのか?」散々、セバスチャンの口の中で、舐められていたソレは、セバスチャンの唾液と、先走りの蜜とで、テラテラと艶めかしく濡れていた。
 ゴクンとセバスチャンの生唾を飲む音がいやらしい・・・
 「ええ、早く・・・私に・・・」欲しいとは、口が裂けても、言い出せないセバスチャンだった。
 大人であり、悪魔としてのプライドが邪魔をする。
 主ではあるが、たかが13歳の少年に、組み伏せられ、喘がされ、言い様に嬲られたのだから・・・
 「はぁ、本当にお前は、腹の立つやつだ。今更だろう・・・僕を欲しいと言ってみろ?」僕には、散々、言わせといて自分は言いたくないのか?」ツツーとセバスチャンの頬を一筋の涙が濡らす。
 「貴方は、意地悪です・・・私の心を解っていながら、これ以上どうしろとおっしゃるのですか?貴方に女に変えられ、プライドも何もかも捨てた私に、これ以上何を望むのですか?」セバスチャンは、いつになく感情的に声を荒げ、シエルに必死に訴えた。
 いつの間にか、溢れる程の勢いで泣いていたセバスチャン・・・
 「もう、泣くな・・・お前に泣かれると辛くなる。お前を虐めたい訳じゃない・・・只、僕を弄んだ罰を与えたかっただけだ・・・僕は、好きで悪魔になった訳じゃない・・・それを忘れるな!お前は、僕を裏切った・・・騙し続けていたのも、事実だろう・・・契約など、とっくに破棄されていたんじゃないか?お前が、記憶をなくした僕では、満足しなかったんだろうが、あの時、クロードから、僕の魂を取り戻し、喰らっていれば良かったんだ。それなら、今の状態にならなかった。お前は、道を誤ったんだ。」シエルは、凛として言う。
 「イエス・マイロード・・・私は、人間である貴方を永遠に失ってしまいました。でも、私を・・・悪魔を従わせる清らかで気高い魂を未だにお持ちだ。貴方を・・・愛・・・しています。貴方を裏切った私でも、宜しいのですか?妻になどと・・・こんな私でもお傍に置いて下さるのですか?」セバスチャンは、涙を流しながら、震えていた。まるで、か弱い女の様に・・・
 「傍にいろ・・・と人間の頃、散々、言ったんだがな・・・お前は、全く、人の話聞いてないだろう。この駄犬め・・・僕が首輪つけて、抑えていないと、何やらかすか解らんからな。永遠にお前は、僕の執事・・・そして、僕の妻だ・・・愛してる、セバスチャン」シエルは、震えるセバスチャンを抱き締めた。
 「坊ちゃん、こんな私でも愛して下さるのですね、嬉しいです。」セバスチャンは、シエルに身体を預けた。
 今のシエルは、13歳の子供のままだ。
 セバスチャンにお仕置きをする為に、魔力で大人になっていた時とは違う。
 そこはかとない背徳感が漂う風情なのだ。
 しかも、子供の身体で、大人の女の色気のあるセバスチャンを抱いて、喜ぶとは、到底思えない。
 迷うのだが、そこは、主としての威厳を示さなければならず、益々、複雑なシエルだった。
 グイッとセバスチャンをベッドに押し倒す。
 唇を奪い、二人の間に銀色の糸となって、唾液が艶めかしく落ちた。
 シエルは、セバスチャンの太ももに手を掛け、下肢を露わにすると、猛る自身を宛がい、腰を進める。
 先ほどの行為でセバスチャンの破瓜の証は、シエルの目に焼き付けられていた。
 今の自分では、セバスチャンは、満足出来ないかも知れない、そんな絶望的な思考がシエルの脳裏に過ぎる。
 それでも・・・とシエルは覚悟を決めた。
 「ああっ・・・」何度目か覚えていない行為に、セバスチャンは、快楽を感じた。
 モノの大きいか、小さいかなど、愛し合う行為に無意味。
 シエルもセバスチャンの余りの締め付けに喘ぐ。
 「くっ、セバスチャンきつい・・・もう・・・イク・・・」「ええ・・・私も、もう・・・」快楽を感じ、喘ぐセバスチャンは、淫陶な表情で、艶めかしい。
 それでも、シエルは、夫としての務めを果たすかの様に、セバスチャンの腰をガシッと掴むと、疲れを知らぬかの様に、抜き差しを激しくして、セバスチャンを責めたてた。
 「はぁ・・・んん・・・」セバスチャンは、一際艶やかで、艶めかしい喘ぎ声を張り上げた。
 「イク・・・ああ・・・シエル・・・」ペッドの中でしか、呼ばない名前で、シエルはセバスチャンから呼ばれ、セバスチャンが、絶頂を迎える瞬間、再奥に己を打ちつけ、激しい迸りを叩き付けた。
 「あああ・・・」セバスチャンは、絶頂を迎え、ぐったりとする。
 「セバスチャン・・・」シエルは、自身を抜こうとしたら「抜かないで、シエルもう少し・・・」セバスチャンの足は、シエルの腰に絡み、逃げられない様にする。
 「しかし、このままだと」シエルは、嬉しいのだが、自身が、欲望を感じ、大きくなるのが、解ったのだ。
 「いいのですよ、何度でも、この身体で感じて下さるのなら・・・シエル貴方を愛し続けましょう・・・永遠に・・・」自分の中で大きくなったシエルのモノに熱く絡みつく、セバスチャンの牝。
 最高の快楽に溺れて行く・・・
 悪魔となった二人は、永遠に二人だけの世界に閉じ込められたのだから・・・
 悦びも、悲しみも二人の間に共にある・・・
 どちらかが死ねば、もう一人も生きていけないだろう・・・
 永遠の呪縛に囚われ、足掻く二人の悪魔・・・
 運命の悪戯は、二人に永遠の刻を与えた・・・
 長く続く生に飽きる事のないパートナーを伴侶として・・・二人は、永遠に生きて行く・・・
                                            FIN

 
青薔薇の誓いNO.5
永遠にセバスチャンとシエルの契約は完了しない・・・
 シエルが悪魔になった以上、セバスチャンはシエルの魂を永遠に喰らう事は、出来ないのだ。
 他の人間との契約さえも・・・
 シエルはセバスチャンに・・・否、悪魔全員に勝ったのかも知れない・・・
 結局、シエルを弄び、滅びの道を辿ったのだから・・・
 「早く目覚めろセバスチャン・・・退屈だぞ・・・」シエルは、一人呟く・・・
 時間は、タップリある。
 いつもセバスチャンは起きていて、自分が呼べば、直ぐ来たのに、未だ眠っている。
 「無理させたか・・・早く、この腹に僕の子が宿らないかな?僕は、両親とは、生きられなかったけど、僕達は余程でない限り不死らしい・・・いつまでも、傍にいよう・・・」シエルは、自分が家族といられなかったから、自分の子には、寂しい思いをさせたくないのだ・・・
 「う・・・ん・・・坊ちゃん・・・」セバスチャンは覚醒しかけた・・・
 「セバスチャン大丈夫か?もう少し、ゆっくり、お前に接する事にする・・・済まなかったな・・・」シエルは照れくさそうに詫びた。
 「クスッ、珍しい事もあるんですね、私は貴方の犬なのに、詫びるなんて・・・構いませんよ、手荒になさっても、只、少々、空腹の身で、あの様に、激しく貪られましては、疲れて眠っただけです。もう、回復しましたから、なさっても結構ですよ。でも、今度は貴方の精気も頂きますよ。貪られるばかりでは、消耗するばかりですから・・・」セバスチャンの言葉にシエルは、頷く。
 「どうすればいいんだ?」「貴方は、ベッドに寝てらっしゃれば宜しいですよ。後は、私が勝手に致します。」セバスチャンは、シエルの下肢に顔を埋める。
 「セバスチャン!」シエルは羞恥に顔が真っ赤だ。
 「全く、散々、私を弄んだ方とは、思えませんね・・・悪魔になっても、羞恥心をお持ちだなんて・・・私に身を委ねて、楽になさって下さいね。」セバスチャンは、シエルの抵抗も構わず、立ち上がりはじめたシエルの幼い茎に舌を這わす。
 先走りがトロトロと出始め、甘い芳香となってセバスチャンを酔わす・・・
 「舐めてやろうか?」シエルのいやらしい声にセバスチャンは、背筋がゾクゾクした。
 羞恥心など自分は、持ち合わせない。
 だが、何故か恥ずかしくて、聞こえぬフリをするセバスチャン・・・
 「こっちにこい。」シエルは、従わないセバスチャンの腰を掴み、秘部を自分の顔に跨らせる。
 「やぁ・・・坊ちゃん・・・」ピチャと舐められ、恥ずかしさに拒否の言葉を吐く、セバスチャンだった。
 ピチャピチャと卑猥な水音をさせながら、シエルに翻弄されるセバスチャン。
 ツプッとシエルの指がセバスチャンの蕾に挿入された。
 「ああん・・・」それだけで、セバスチャンは感じてしまう。 
 「ここか?ここがいいか・・・」シエルは、セバスチャンを喜ばせようにと必死だ。
 人を否、悪魔だが、他人を愛おしいと思うのは、初めてだったから・・・
 人間など、悪魔にすれば只の食料に過ぎない。
 人は、食べられる物は、奪いつくしてきた存在だ。
 生態系の頂点に立ち、自由に生きてきた存在なのだから・・・

 
青薔薇の誓いNO.4
シエルもセバスチャンの隣にゴロリと横になる。
 クロードとハンナに、セバスチャンから引き離されてから、二人っきりになるのは、まだ、ニ、三日しかたっていない。
 慌てて、セバスチャンを抱く必要などないのだ。
 しかし、シエルは不安で堪らない。
 悪魔になったのだ。
 自分で自分の身くらい守れる。
 人間界でも、女王の番犬として、生きていける。
 身体は、永遠に13歳の今のまま、変化することも、成長する事もない。
 魔力で、少しずつ成長させ、エリザベスを妻とする事も可能なのだ。
 しかし、セバスチャン以外と、肌を合わせるのは、嫌なのだ。
 過去の凌辱が、人間に騙され、弄ばれた過去が、"人"と言う存在に触れられる事を拒んだ。
 悪魔のセバスチャンを執事として傍に置き、人間らしくさせたくせに、"人"を拒む自分・・・
 一番厄介だな・・・苦笑するシエルだった。
 傍で眠るセバスチャンは、疲れ果てている様だった。
 (悪魔のくせに、厄介なヤツ・・・コイツに惚れるとはな・・・女王の番犬もヤキが回ったな。)クックッと嗤うシエル。
 身体だけ女に変え、散々、弄んだのに、自分を責めなかったセバスチャン。
 (本当に犬だな・・・僕を騙して、弄んで、契約など、守らなかったくせに、最後の契約だけは、律義に守るんだから・・・)シエルは、まだ、濡れている乱れた髪を梳いてやっていた。
 セバスチャンの手は長く綺麗だった。
 手袋を外せば、黒い爪がある。
 今の自分と同じ、悪魔の証拠の黒い爪・・・
 自分の頬に、その手を当て、甘える様にスリスリする。
 僅か、10歳で、両親を殺され、攫われて、一か月の間、地獄を見てきた。
 今、悪魔になり、それが可能なら、セバスチャンとの契約で、悪魔にして貰い、本能のまま、自分で、復讐相手を引き裂いても良かったな・・・そんな事も頭を過ぎる。
 全て過去なのだ・・・二度と取り戻す事の出来ない真実・・・
 今、最愛の悪魔をその手にして、悦びを感じる。
 (やっと手に入れた。僕だけの悪魔・・・セバスチャン。僕は、お前に飽きる事はない。お前が嫌だと言っても、二度と離してなど、やるものか。お前を妻にしてまで、傍に置くのだからな・・・)そう、永遠にセバスチャンを執事として傍に置き、身体を重ね、お互いの精気を貪る方法しか、二人が生きて行く事は出来ないから。
青薔薇の誓いNO.3
「ああっ・・・もう・・・」バシャバシャっと水音がする。
 若いシエルは、何度セバスチャンを抱いても満足しなかった。
 セバスチャンに誘われ、最初は、二人で身体を洗い合っていただけなのに、欲情してしまい、今に至る。
 「ああ・・・んっ・・・坊ちゃん・・・」セバスチャンの艶めかしい声に、シエルは己を益々、大きくして、セバスチャンの内部で質量を増す。
 「やぁぁぁ・・・もう、それ以上大きくしないで・・・」セバスチャンは、内部をこじ開けられる感覚に翻弄されて、喘ぐ。
 その嬌声にシエルは、益々、欲情する。
 パンパンと激しく、律動を開始し、セバスチャンの身体を貪りつくす。
 (何でこんな・・・私が元人間にここまで、感じさせられ、翻弄されるなんて・・・)セバスチャンは、認めたくないのかも知れぬ。
 シエルを愛していると・・・
 感じ過ぎるのは、相手を愛していると自覚するからなのだと・・・
 悪魔だから・・・
 「もう、イク・・・そんなに締めるなセバスチャン」女になったばかりなのに、セバスチャンの身体は、シエルから与えられる快楽の翻弄されて、シエルの射精を促す様にギュウギュウと締め付けた。
 「ああっ・・・」シエルは、セバスチャンの身体に促され、再奥でドクンと弾けた。
 グラッとセバスチャンの身体が傾く。
 体温の低いセバスチャンは、シエルに散々抱かれ、熱くなり、湯あたりを起こしたのだ。
 「セバスチャン・・・」自分の腕の中で、ぐったりするセバスチャンの身体をさっと洗い、セバスチャンをバスタオルで包み、寝室に連れて行く。
 ぐったりするセバスチャンの額に、冷たいタオルを当ててやる。
 「大丈夫か、セバスチャン?」シエルは心配そうにセバスチャンを気遣う。
 「お気になさらずに、マイ・ロード。只、逆上せているだけですので・・・」シエルに与えられた快楽を持て余し、女になった身体は、未だにシエルを求めているのだが、シエルに悟られない様に振る舞うセバスチャンだった。
 「果て」のない女の身体に嫌気がさす程だ。
 今まで、色んな女を抱いてきたのに、いざ、自分が女になってみると、勝手が違う。
 過ぎた快楽に身を任せ、シエルに堕ちるのは、自分の矜持が許さない。
 悪魔としての美学が、自分の本心に気付かせないのかも知れない。
 「無理させたな、済まなかった。」シエルはすんなりと謝り、「いいえ、私も貴方に好き勝手しましたから、お互い様と言う事で・・・」セバスチャンは、口数が少なくなっていた。
 どう言えば、シエルを傷付ける事なく、穏便に事を運べるかと考えていたから・・・
 「フフ・・・お前を女にして抱けるとは、想わなかったぞ。失った者は戻らない。今は、只、眠れ。僕は、二度とお前を離さない。」シエルは、セバスチャンの横に寝ころび、まだ、短いセバスチャンの髪を撫でる。
 「ええ、もう、二度と、お傍を離れません・・・貴方が飽きたとおっしゃられても、地獄の底まで、お供致しましょう。」セバスチャンは、シエルの胸に身体を預け、スウスウと寝入ってしまった。
 「セバスチャン・・・愛している。」シエルの告白は、セバスチャンの耳には、届かない。
 
青薔薇の誓いNO.2
「坊ちゃん・・・もう、やめて・・・」セバスチャンは、泣いていた。
 過ぎた快楽に翻弄されて・・・
 もう何度、その身にシエルの欲情を注ぎ込まれた事か・・・
 本当に孕むかも知れないのだ・・・
 高位の自分が、主とは言え、元人間に孕まされるなど、あってはならない。
 しかし、自分も主人であるシエルを嫉妬から、手酷く抱いた事もある。
 過去を思い振り返り、ひたすら泣くセバスチャンだった。
 シエルから、溜息が洩れる。
 「何でお前は、そんなに可愛いんだ・・・髪は短いし、顔も今はまだ、男だったセバスチャンなのに・・・綺麗だ・・・」シエルはセバスチャンを愛しく想い、優しくキスをする。
 下肢は、未だに、セバスチャンの中で、緩く律動を再開しているまま・・・
 「んんっ」シエルに唇を塞がれ、セバスチャンは、苦しげに喘ぐしかなかった。
 熱い身体を持て余し、シエルの小さい身体に縋りつき、ハッと我に返るセバスチャン・・・
 「そんなに、小さい僕の相手は嫌か?」シエルに縋っていたセバスチャンは、羞恥から、抱き付いたのを止めてしまったのだ。
 しかし、シエルの機嫌を損ねるには十分だった・・・
 「ああっ・・・やぁぁぁ・・・」怒ったシエルは、正面から、抱いていたセバスチャンをうつ伏せにし、背後から、挿入したのだった。
 しかし、今のシエルは、子供ではない。
 セバスチャン程ではないが、20歳くらいの自分に、身体を成長させたのだ。
 まだ、13歳の外見のシエルなら、、すぐに、セバスチャンを孕ませるのはムリだろう。
 今、セバスチャンを責め立てているシエルなら可能でも・・・
 「やぁぁぁ・・・孕んでしまいます・・・だめ・・・中出ししないで・・・」ドクン・・・シエルは、セバスチャンの再奥に己をねじ込み、射精していた。
 「あっあ・・・・」セバスチャンは、目から大粒な涙を流す・・・
 「泣くな・・・セバスチャン・・・」シエルは、泣いているセバスチャンを見ると、胸が締め付けられる。
 悪魔になって心など無くした筈なのに・・・
 あんなに信頼していた使用人達は、変わってしまった自分に怯えていた。
 あのまま、人間界にいたら、いつか、激昂のままに、殺してしまうかも知れなかった・・・
 だからこそ、セバスチャンに命じ、ここに来た。
 二人だけで、生きて行く為に・・・
 それなのに、シエルは、セバスチャンを女に変え、怒りのまま、抱き、責めるしか出来なかった。
 愛しているのに・・・悪魔になったからか、呪われた運命は、悪魔になっても、変わらなかったからか、シエルは自分の悲しみに支配されて、セバスチャンを思いやる事は、出来なかった。
 「そんなに悔しいのか?悲しいのか?泣いても無駄だ・・・嫌がる僕を散々抱いてきたお前だ。お前達悪魔に弄ばれた僕の怒りを思い知れ・・・」シエルは泣いていた。
 自分で気付かぬ内に・・・
 「それ程、私に怒ってらっしゃるなら、何故泣くのですか?」セバスチャンは、泣きながらも、シエルに聞き返した。
 「たくっ、質問してるのは、僕なんだが・・・そうか、僕はまだ、泣けるんだ・・・」シエルは、自分の涙に触れていた。
 「坊ちゃん!」セバスチャンが抱き付く。
 「なっ・・・」うろたえるシエルに「坊ちゃん、坊ちゃん・・・」セバスチャンは、ギュウギュウと抱きついてくる。
 シエルは胸がキュンとなり、自分の胸に縋っているセバスチャンの頭を撫でてやる。
 「貴方を悪魔にしてしまったのは、私がまぬけですから・・・どの様な罰でも受けますので、泣かないで下さい。貴方が泣くと、私が辛いのです。」セバスチャンの本音だった。
 それが、愛だとは、気付けないが・・・
 「ならば、大人しく抱かれろ、僕を拒むな・・・お前にまで、拒絶されたら・・・」「私を拒絶してらっしゃったのは、貴方ではありませんか?私だけが、貴方を守る存在なのに、他の者にばかり、頼られて・・・私が、どんな想いでいたのか、御解りいただけますか?」セバスチャンは、シエルに縋りつく手に力を込めた。
 「僕は、エリザベスを女性とは、思えない。アバーラインを頼ったつもりはなかったんだがな・・・それが、お前には、気に障ったのか?」シエルは、セバスチャンの本音は知る事は出来ない。
 悪魔になって日が浅いせいだろう・・・
 「ええ、私は、貴方に触れる者が誰であろうが、許せなかった。どんなに、我慢していたか、お解り頂けますか?
最初の契約が完了した時、貴方の魂を喰らえなかった・・・あの天使に左腕を切られなければ、こんなに貴方を苦しませなかったのに・・・申し訳ありません・・・」子供を孕まされたかも、知れないのに、セバスチャンは、女に変えられても、執事であろうとする。
 「フフ・・・お前は、女になろうが変わらない。僕が悪魔になっても、本質は変わらない。お前なら、とっくに気付いていただろうが?敢えて、無視したのか、僕に後ろめたいから、心を殺し、僕に興味がない振りをしたのか?まぁ、どの道、お前は、僕の妻になったんだからな・・・」シエルは、悪魔の紅い目で高飛車に言う。
 セバスチャンは、目を閉じ、シエルに抱き付いたまま「私が妻なんですか?坊ちゃんが女性になって、私の子供を孕んで下さる方が、しっくりくるんですがね・・・」セバスチャンは、少し、気分が落ち着いた気がしていた。
 シエルの腕の中は、温かく、体温の低い自分の身体に熱を与えてくれる。
 シエルは、悪魔になっても、体温を無くす事はなかったのだ。
 「坊ちゃん、一緒にお風呂入りませんか?女のままでも、私が貴方の妻でも構いません。人間界で出来なかった事を色々としてみませんか?折角、二人っきりなのですから。」セバスチャンの提案にシエルもノル事にした。

  
青薔薇の誓いNO.1
 ついに連載開始です。
 触手なしの別バージョン、セバスチャンお仕置き小説
 勿論、セバス受けなので、苦手なお嬢様は、読まないでね、しかも、ブログ内で、26拍手頂いた、セバスチャンのイラストの内容になりますので、この後のセバスチャンの変化読んで、駄目なお嬢様も御戻り下さい(・_・;)
 それでは、「淫獄の罠」の別バージョン「青薔薇の誓い」お送り致します。


   「青薔薇の誓い」                          NO.1
 悪魔になったシエルは、自分を見なくなったセバスチャンに憤りを感じていた。
 セバスチャンに魂を喰われ、終わる筈だった自分の運命・・・
 三人の悪魔に弄ばれて、その結果、自分まで悪魔になり、永遠に続く命に退屈してしまうかも知れない。
 しかし、クロードに騙され、セバスチャンこそ真の復讐の相手と刷り込まれた時、自分の本心に気付かされたのだ・・・セバスチャンを愛していると・・・
 悪魔になった時、自分の本心のままに、振る舞おうと思った。
 セバスチャンを手に入れる為ならば、どんな事でも、どんな手を使ってでも、必ず、望みを叶えてみせると・・・自分に正直になる事こそ、悪魔の本性なのだから・・・
 いつもの様に、セバスチャンが、就寝の支度にシエルの寝室に来た。
 (チャンスだ!)シエルは自分を見ていないセバスチャンの隙をつき、準備を開始した。
 セバスチャンを自分だけのモノにする為の手順を開始したのだ。
 そんな事に気付く事のないセバスチャンは、光の消えた、虚ろな瞳で、シエルにナイティを着せるべく、跪く。
 シエルはそんなセバスチャンをチョイチョイと、指で招く。
 不審に思ったセバスチャンは「何ですか?坊ちゃん」と、何も気付かぬまま、シエルの傍まで行く。
 不意に、シエルにグイッと、ネクタイを引っ張られ、セバスチャンは、シエルに口付けられた。
 ゴクン・・・何かを含まされ、セバスチャンは、咄嗟に身を離し、口を押さえ、訝しむ。
 しかし、言葉を発する間もないまま、意識を失う。
 床に倒れる事はなく、シエルの腕に抱き止められたのも、気付かぬまま・・・
 「お前が悪いんだ・・・セバスチャン・・・」シエルは、自分の胸に愛しい悪魔を抱きしめたまま、呟いた。
 セバスチャンを抱き上げ、ベッドに寝かせると、ネクタイを抜き取り、素早く、全裸にし、次の行動に移っていった。
 どれくらいの時間が過ぎただろう・・・
 「う・・・ん・・・」セバスチャンは覚醒しだした。
 ピチャピチャと言う、艶めかしい水音がする。
 「ああっ」セバスチャンは、我身に起こった快楽に身を捩らせて、白い喉元が反り返る。
 ジャラ・・・硬質な鎖の音がセバスチャンの腕からする。
 「坊ちゃん、これは・・・」セバスチャンの声にシエルは、セバスチャンの下肢から、顔を上げた。
 「やっと、お目覚めか?随分、眠っていたな・・・」シエルの口元は、セバスチャンの蜜で濡れていた。
 セバスチャンは、自分の変化に気付く事はなく、鎖をじっと見つめていた。
 セバスチャンの両腕には、鉄の枷が付いており、ベッドの下を通して、左右の腕は、別々の鎖で、繋がれているのだった。
 鎖の長さは、長めで、手を上げ下げするのは、自由なのだ。
 「ああ・・・抵抗されたら、困るからな。お前は、僕のモノなのだから・・・」シエルは紅い悪魔の瞳で、不敵に笑う。
 フゥっとセバスチャンは、溜息を吐いた。
 「私を抱きたいなら、お命じ下されば宜しいのに・・・私は貴方のモノ・・・どんな事にも、逆らう事はありません・・・」抑揚のないセバスチャンの声に、今度は、シエルが溜息を吐く。
 「ハァ、お前は、変わらないな・・・僕が悪魔になったら、僕等、要らないくせに・・・でも、僕は、お前が欲しい・・・僕だけのモノにする為に・・・」シエルの言葉に「?」となるセバスチャン。
 「フフ・・・お前の身体が、僕を受け入れて、変わる様が楽しみだ・・・」シエルは、セバスチャンの身体を撫でて、上機嫌だった。
 眠っていたセバスチャンには、シエルの言葉は、理解出来なかった。
 シエルの指がセバスチャンの秘部を触り、クチュッと中指を挿入した。
 眠っていた時、散々舐めたセバスチャンの花芯は、難なく、シエルの指を受け入れていた。
 「はぁ・・・んっ」セバスチャンの艶めかしい女の様な喘ぎ声・・・びっくりしたのは、セバスチャンだった。
 何より、シエルに感じさせられた事より、下肢の状態が可笑しい。
 ある感覚が欠落しているのだ。
 「まだ気付かないのか?自分の身体が、どうなっているのかさえ・・・」シエルの言葉に、自分の下肢が見れる様に、身体を起こすセバスチャン。
 「なっ・・・」余りの自分の変化に驚き、言葉が続かなかった。
 そう、セバスチャンの下肢からは、シエルが人間だった頃、散々シエルの中で、大きくなり、シエルを翻弄していた男性器が消えていたのだ。
 今あるソコには、女性器しかないのだ・・・
 「坊ちゃん何を・・・」セバスチャンの中のシエルの蠢く指に翻弄され、息も絶え絶えに、悶えるセバスチャン・・・
 「声も女らしくなってきたな・・・なら、ここは、ハンナ並の巨乳がいいか・・・ホルスタイン並にして、乳も出た方がいいか?」シエルの手が平らなセバスチャンの胸を揉みしだくと、ハンナ並の巨乳に変化するセバスチャンの胸・・・
 「やぁ、そんなトコ、触らないで・・・」女は、胸を触られると、特に感じてしまう事もあるのだ。
 シエルは、巨乳になったセバスチャンの胸に舌を這わす。
 「ああん・・・」自分の声に驚き、思わず口を塞ぐ、セバスチャン・・・
 「もっと聞かせろ、お前の嬌声を・・・」シエルは、セバスチャンの口から、手を退かすと、乳首に吸いついた。
 「止めて、坊ちゃん・・・」今まで味わった事のない快楽に、セバスチャンは翻弄される。
 悪魔になったシエルに、興味がなくなり、冷たい態度をとったセバスチャン・・・シエルの逆鱗に触れ、今に至るのだ。
 シエルの指は、セバスチャンの内部に挿入されたまま、蠢かし、セバスチャンの理性を奪っていく。
 高位な悪魔のセバスチャンにとって、子供であるシエルに翻弄され、喘がされるのは、屈辱以外の何者でもないのに、何故か、反抗出来ないのだ。
 本当の理由には、気付けないでいるセバスチャンなのだが・・・
 「どうだ?天界の媚薬は・・・グレルは、お前にムカついているそうだ。仕返しして欲しいと言ったし、僕もお前には、ウンザリだ。しかし、お前を手放したくはないからな。僕は、ハンナの魔力を受け継いだらしい・・・ハンナの命と引き換えに・・・。ならば、お前の性別を変える事も造作ないって訳だ。僕の気が済むまで、啼いて貰おうか・・・」シエルは、上機嫌で、セバスチャンへのお仕置きを再開した。
 「もう、止め・・・」セバスチャンは、ポロポロと涙を流す。
 突然、女に変えられ、止めどない快楽に翻弄され、喘ぐだけのセバスチャン・・・
 男は、射精すれば、それなりに満足して、行為を止める事もあるが、女には、そんな機能がない為、一度イっても、果てがない。過ぎた快楽に潮を吹く女も偶に存在するが・・・
 何度も何度も、達する事が可能なのだ。
 快楽の中、気絶するまででも・・・時には、イキ過ぎで死ぬ事がある程、快楽を感じ、また、快楽に弱い生き物なのだった。
 男であったセバスチャンには、恐怖しか感じない行為になるのだ。
 シエルの怒りの激しさは、理解出来たから・・・
 「ああっ、坊ちゃん、もう、許して・・・」すっかり、声まで、女になってしまったセバスチャンは、シエルに懇願した。
 今のシエルに何を言っても無駄な事は、理解していたが・・・
 「僕の事を知りつくしたセバスチャン・・・そんな事、僕が叶えてやるとは、思ってもみないのだろう?ならば、大人しく僕に抱かれていればいい・・・この腹に僕の子を宿すまで、大人しくな・・・」シエルは、とんでもない事をサラっと口にした。
 「いやぁぁぁぁ・・・」セバスチャンの虚しい絶叫が、シエルの寝室に木霊した。