FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

おいしそう

是非、食べたい♥


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


ハロウィン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Caffarel カファレル】 カンパーナ パウンドケーキ
価格:1728円(税込、送料別) (2017/9/13時点)



ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


スイーツ

チョコ

食べたい~


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


スムージー

飲んでみたい♥


アマゾン商品


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


カラリオ新製品

プリンター紹介


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新記事


カテゴリ


時計

今、何時?


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


最新コメント


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



アマゾン

アマゾンの紹介


QRコード

QR


最新トラックバック


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


甘い誘惑・・あとがき
 アクセス頂きありがとうございました♥
 最近、セバスチャン虐めばかりなので、甘めのセバシエをお届け致します。
 拙い小説ですが、少しでも、お楽しみ頂ければ、幸いです♥
 修道女と、セバスチャンとのコトの成り行き・・・九条の願望を書いてみました(・_・;)
 今回のシエルは、素直にセバスチャンを求め、シエルから、セバスチャンに誘惑を仕掛けるのを目指してみました♥シエルが、セバスチャンを好きでたまらないと言うシュチュで・・・
 セバシエが愛おしくて、今日も何か、ネタを思いついたのですが、今はきれいさっぱり忘れております(・_・;)
 次は、シエル坊ちゃんのパースディ小説書いてみたいです(-_-;)
 カテゴリーに「誕生日は二人で・・・」「二人っきりの誕生日」くらいのカテゴリーがありましたら、アクセスしてみて下さいね♥
 まだまだ、ネタは尽きないので、黒執事小説更新、頑張ります♥ 
甘い誘惑NO.2
「ああっ・・・」「うっ・・・」シエルがイクと同時に、強烈な締め付けで、セバスチャンは、シエルの再奥で果てた。
 ハァ、ハァと息の荒いセバスチャン・・・
 「ああ・・・セバスチャン・・・」シエルは、セバスチャンと抱き合ったまま、荒い息のセバスチャンにチュッと口付ける。
 「坊ちゃん・・・」セバスチャンは、嬉しさのあまり、シエルの内部で、自身が大きくなるのが、よく解った。
 「あっ・・・馬鹿・・・」シエルの顔が、朱に染まる。
 「まだ、大丈夫でしょう・・・シエル」セバスチャンは、チュッと耳元にキスをする。
 途端に身体は、セバスチャンを求め、蠢き出す。
 「もう、早く・・・」動かぬセバスチャンに焦れ、自分で腰を振るシエル。
 セバスチャンは、珍しいシエルのおねだりに、頬を赤らめ(今日の貴方は何ですか・・・可愛い・・・)などと、想ってしまう。
 「ええ・・・貴方のお腹を一杯にして差し上げましょうね・・・」再び、律動を再開する。
 「ああん・・ああっ」シエルは、堪らずに、蜜を放ってしまった。
 抱き合ったセバスチャンの腹を汚す。
 「フフ・・快かったですか?シエル・・・」シエルの蜜を指で救って、シエルの目の前でしゃぶってみせた。
 「馬鹿・・・そんなモノ舐めるな・・・」「貴方の蜜は、甘くて、癖になります・・・私の飢えを癒してくれる・・・」「だったら、もっと僕に溺れろ・・・お前の目が、誰も写す事のない様に・・・」「シエル・・・」セバスチャンは、シエルが何を言いたいか、思い知ってしまう。
 捜査の為なら、どんな手も使う・・・シエルがいつも言う言葉・・・
 修道女を一度だけ、誑かした事があるセバスチャンだったから・・・
 シエルの命令とかでなく、自分の意志で・・・
 只、天使の匂いがしたから、自身を挿入はせず、指でイかせ、マーキングの為に、自身を扱いて、女にかけただけ・・・あの時は、グレルもいたから、真実は告げていない。
 「ええ・・・坊ちゃん・・・私は、貴方以外を見る事はない・・・私の坊ちゃん・・・あの時は、ああするしかなかった・・・でも、信じて・・・只、マーキングの為に女にかけただけ・・・私自身は、挿入してはおりません・・・」甘い雰囲気は、途端に冷めた、冷たい雰囲気に変わってしまっていた。
 「ああ・・・解っている、お前は、嘘を吐かない・・・でも、例え、真実がそうではあっても、辛いんだ・・・お前が別の誰かに触れたのは、事実・・・お前の過去がどんなだったかは、知りたいとは思わない・・・僕以外と身体の関係があったと思うだけで・・・僕は・・・」シエルは泣いていた。
 「シエル・・・泣かないで・・・貴方に泣かれると辛い・・・」セバスチャンは、どうしていいか、解らなくなってしまった。
 自分は、悪魔なのだ・・・欲しいモノは、欲しい・・・
 そうして今まで、何でも手に入れてきた。
 美しい女は、自分から、セバスチャンにすり寄ってきた。
 抱くのに飽きたら、魂を喰って、亡きがらは、捨ててきた。
 只の魂の器だった肉体など、用はない・・・欲しいのは、魂だけ・・・
 抱くのは、快楽を感じる手段でしかない・・・それ以外も、それ以上も・・・
 しかし、シエルの身体は、幼いくせに、最高の快楽をセバスチャンにもたらした。
 女と見まごう白い肌・・・スラリと伸びた華奢な肢体・・・どれをとっても、最上で、高貴な香りのするシエルの器・・・一度、抱いて虜になったのは、セバスチャンなのだから・・・
 シエルは、過去がある。
 今では、セバスチャンに抱かれ、快楽を覚えこまされたから、悪夢を見る事は少なくなったが、それでも、愛し合う行為そのものが、シエルには、嫌悪しかなかった。
 そんなシエルを丁寧に抱いて、宥め、快感の果てに訪れる幸福な時間は、シエルの心を癒し、温かくした。
 それでも・・・とシエルは、想う・・・
 セバスチャンとの出会いが、もっと違っていたら、今の出会いもなかったかも知れない・・・
 「坊ちゃん・・・過去は、取り戻せません・・・貴方も私も・・・貴方が、過去を悔やむ様に、私も・・・ですが、私は悪魔です。人間の様に複雑な感情は、持ち合わせておりません・・・いいえ、悩む事すら、馬鹿らしくなってしまうのです。終わりがいつ来るのか、知れない程、生きてきましたから・・・長い間、孤独で・・・退屈で・・・貴方に出会わなければ、私は、次々と人間と契約し、飢える事のない程、魂を喰っていたでしょうね・・・でも、今の私は、いつ貴方との契約が完了してしまうのか、恐れているのですよ。貴方の心の葛藤、ファントムハイヴとして生きる貴方の潔さ、全てが、私を虜にして離さない・・・いつ終わるとも知れぬ未来の事など、どうでもいい・・・私は、貴方の心も抱きたい・・・」セバスチャンが、今まで、シエルに告げる事のない本音・・・シエルの顔は、真っ赤だった。
 「もう、散々、抱いてるくせによく言う・・・お前はズルイ・・・いつだって、僕を夢中にさせるくせに、何処か冷たいお前・・・まぁ、そんなお前に抱かれて、よがる僕も大概だがな・・・」シエルは、セバスチャンに抱き付くしか出来ない。
 「シエル・・・」セバスチャンは、シエルをきつく抱き締め、律動を再開していた。
 「ちょっと・・・お前・・・まだ、話・・・ああっ・・・の最中・・・」シエルは、言葉を続けれなかった。
 「舌を噛みます・・・よっ・・・」セバスチャンは、余裕などない。
 使用人に邪魔されずに、存分にシエルの身体を味わえるのだ。
 そんなチャンスを逃すセバスチャンではない。
 「ああっ・・・」シエルは、もう何がなんだか、解らなくなっていた。
 目の前の男が繰り出す律動に翻弄され、身体が熱くて、堪らない。
 「早く・・・イケ・・・もう僕は・・・」「ええ・・・シエル・・・ああ・・・愛していますよ・・・」セバスチャンの告白・・・
 「ああ・・・僕も・・・お前を愛している・・はぁっ」シエルもセバスチャンに素直に告白して、射精したまま、気を失ってしまう・・・
 途端シエルの内部が締り、セバスチャンを締め付ける。
 「うっ・・・ああ・・・」セバスチャンも快楽に翻弄され、シエルの再奥に再び迸りを放つ。
 「ああ・・・シエル・・・」ズルっと内部から己を引き抜き、疲れた身体を引き摺り、濡れたタオルで、シエルを清め、自分もサッと欲望の証を拭き取ると、ソファーを魔力で元通りにし、二人の精液で、汚れた後など、もうどこにもなかった。
 「ああ・・・素敵でしたよ・・・シエル・・・何だか、私もこのまま眠れそうな気がします・・・」そう言うと、シエルの横にコロンと寝ると、シエルの身体を腕に抱く。
 途端に、シエルが背中に感じたセバスチャンの温かさを求め、無意識の内に振りかえり、胸に縋りつく。
 「シエル・・・」髪にキスをしたセバスチャンは、腕の中のシエルの温かさに眠気を感じ、意識が途切れてしまっていた。
 地下室の二人だけの秘密の場所図書室は、今や愛し合う二人だけの憩いの場所と化していた。
 人間と悪魔、主と執事の睦言の場所・・・
 今、二人は、種族を越えて愛し合う・・・その未来に待つものを知る由もなく・・・
 地下室に響くのは、スゥスゥと言う穏やかな寝息だけ・・・
 二人は、知らない・・・
 愛し合った時間の長さ、二人以外の人間達の時間は、随分と経ってしまった事を・・・
 屋敷では「セバスチャン、腹へった・・・」「坊ちゃん・・・戻ってきて・・・」「セバスチャン、私の事、忘れてしまっただか?」使用人達三人の二人への呼びかけ・・・
 その後ろで「ホッホッホッ・・・」と余裕の態度で、嗤うタナカ・・・
 今日も、ファントムハイヴの一日が終わる・・・
 地下室で眠る二人はいつまでも、起きなかった・・・
 外が暗闇で包まれるまで、地下室に充満する甘やかな空気に包まれ、幸せな夢を見ていたから・・・
 契約が終わっても、共に歩む二人だったから・・・
                                      FIN

 
 
甘い誘惑NO.1
 仕事、復帰二日目にして、無謀にも、また、小説、浮かんじゃいました(・_・;)
 短編かも、知れませんが、兎に角いきます(・_・;)
 勿論、九条のブログは、アダルトサイトで、18禁ですので、OKなお嬢様のみ、ご覧下さいね♥
 
       「甘い誘惑」
 「んっ・・うう・・」シエルのくぐもった声・・・
 ここは、地下室の一角、シエルが、セバスチャンに命じて、改造した図書室なのだ。
 今は、会社の仕事もなく、女王の手紙も届いていない。
 新しいこじんまりとした図書室に二人っきり・・・
 セバスチャンが、シエルの耳元で囁く「坊ちゃん・・・折角、二人っきりですので、ご褒美頂けませんか・・・」セバスチャンの声は、シエルの聴覚を刺激し、マトモな思考を遮断していく・・・
 ここの所、使用人達の不始末に奔走していたセバスチャンは、シエルに触れていないのだ。
 そろそろ、我慢の限界だった。
 今までの契約者を自分から求め、抱いた事のないセバスチャンなのだ。
 如何に、シエルが特別な存在なのかが、良く解る。
 「もう、仕方のない奴だ・・・お前には、余り、給金は与えてないからな・・・いいだろう、ボーナス代わりだ、許す!」「イエス・マイロード、では、坊ちゃん・・・」セバスチャンは、部屋の中央に設置してある背もたれを排除したソファーにシエルを押し倒した。
 ここでは、シエルが寝そべって、本を読める様に、セバスチャンが特注で、ベッド型のソファーを作らせていたのだ。今の様にシエルを誘う目的が、下心としてあるからだ。
 「ああっ・・・もう・・・」シエルの舌を絡め、縦横無人にシエルの口内を蹂躙していく。
 「はぁっ・・んんっ」まだ、子供であるシエルには、セバスチャンの仕掛けたディープキスは、確実にシエルを昂らせていく。
 「坊ちゃん・・・こちらを、触っても、宜しいでしょうか?」セバスチャンは、こんな時でも、執事としての態度を崩さない。
 「もう、イチイチそんな事・・・聞くな・・・触ればいいだろう・・・」シエルは、呆けた顔をして、それだけ言うのが、やっとだった。
 さっと下着ごと衣服を剥ぎ取り、フニフニとシエルの幼い茎を弄ぶセバスチャン。
 「ああん・・・」シエルの声は、あまったるいモノへと変わっていく・・・
 (ああ・・・お可愛いらしい・・・このまま、蜜を舐め取って、イかせて差し上げましょう・・・)セバスチャンは、瞳をピジョンブラッドに変え、シエル自身を口に含む。
 「はぁん・・・」シエルの喘ぎ声が、室内に響く。
 セバスチャンも、そんなシエルの痴態を見て、我慢出来なくなる。
 解してもいないのに、自身をシエルの体内に収め様と慌てた。
 その時、だった・・・
 ドンドンドン・・・
 地下室と屋敷を隔てる鉄のドアを叩く音がした。
 チッ、セバスチャンは、珍しく舌打ちしていた。
 「セバスチャンさん・・・」「おーいセバスチャン・・・」「セバスチャンさん、ここを開けて下さい、ですだ。」使用人三人の自分を呼ぶ声が、聞こえたからだ。
 (まったく、使えない・・・あれほど、こちらから戻るまで、呼びにくるなと申し上げたのに・・・)溜息を吐くセバスチャン・・・
 「坊ちゃん・・・少し耳を塞がせて頂きますよ・・・」「えっ?」セバスチャンは、シエルの耳を塞ぐと、とても奇妙な声を出す。
 「ダダダ・・・」と言う階段を駆け上がる音を出し、まるで、ドアの前に立って、使用人達とドアを隔てて、話している様子をソファーの上、シエルに覆いかぶさったままで、再現していると言う状態なのだ。
 「何ですか?騒々しい!あれほど、戻るまで、呼びにくるなと申し上げたでしょう!坊ちゃんは、やっと寛ぐ事が御出来になられて、ウトウトされていたと言うのに・・・邪魔しないで頂けますか?」セバスチャンが、ドアの前で使用人達に怒鳴りつけている雰囲気なのだ。
 「だってよぅ・・・厨房が・・・」「えーん、庭が・・・」「セバスチャンさん、食器が・・・」三人は、いつもの様にセバスチャンを頼りに来たのだ。
 「いい加減に懲りたらどうなんですか?まったく・・・ちゃんと確認してから、行動しなさいと、言っているのに・・・こまった方達ですね・・・ですが、何処がどう悪いのか、ちゃんと確認してから、来なさいね・・・」セバスチャンの言葉に「?」となる三人だった。
 フィニが何気なく、破壊した筈の庭に目をやると、元通りになっているのだ。
 「えっ?庭が元通りに・・・僕、破壊したのに・・・」(やっぱり、そうだったのですか・・・)セバスチャンは、シエルの上、耳を抑えたままで、ハァと溜息を吐く。
 下のシエルの頭の中も、?マークが飛び交っているのだ。
 「ええっ、割れた食器も元通りですだ・・・」メイリンも、フィニの言葉を聞いて、一応、確認に行っていたのだ。
 「それじゃ、俺も・・・」パルドも厨房に走っていた。
 火炎放射器を使用した厨房は、真っ黒焦げだったのに、普通のいつもの厨房なのだ・・・
 「大変だ?焦げた厨房が元通りに・・・」戻って来たパルドに三人は、首を傾げるばかり・・・
 「兎に角、何ともなかった様ですから、三人共、持ち場に戻りなさい・・・いえ、折角、破壊されなかったのですから、タナカさんにお茶でも入れて頂いて、休憩していて下さいね。お茶菓子は、いつもの所に用意してありますので・・・もう少ししたら、私も戻りますので・・・。くれぐれも、余分な行動は、二度となさらない様に・・・いいですね!」「はーい」三人のいい返事が聞こえ、バタバタと離れて行く足音・・・
 「セバスチャン、お前の仕業か・・・」シエルは、自分の耳を塞ぎ、事態を知らせなかった行動に、怒りを感じていた。セバスチャンの気付かぬ間に、手を僅かにずらし、三人とのやり取りを一部始終聞いていた。
 セバスチャンが魔力を行使して、事態の収拾を図ったからだ。
 「らしくしていろ、との御命令に背いた訳では、ないでしょう?使用人達の前で、魔力を使った訳ではありませんし・・・」セバスチャンは、言い終えない内に、シエルの耳に舌を這わす。
 「もう、そうやって、すぐ誤魔化す。んんっ・・・」セバスチャンの愛撫に蕩けた身体は、素直に反応する。
 「ですが、もう、ここはこんなですよ・・・このままでは、御辛いでしょう・・・」鈴口から、トロトロと零れる蜜に、セバスチャンは舌を這わすと、そのまま、パクリと咥えこむ。
 「ああっ」呆気なく、口内にシエルは、欲望を放ってしまっていた。
 ハァ、ハァと肩で息をするシエル。
 「甘いですよ、貴方の蜜は・・・」セバスチャンの息も乱れていた。
 「坊ちゃん・・・このまま・・・」セバスチャンにも、余裕がない。
 口で受け止めたシエルの蜜の一部を舌に乗せ、シエルの太ももに手を掛け、足を持ち上げる。
 「やぁ・・・」シエルの抗議の小さな声を無視し、蕾に舌を差し込みながら、唾液と共に、シエルの蜜を流し込む。ヌルッとした感触に、これから起きる衝撃を想うと、シエルの身体は、心は、歓喜に震えた。
 悪魔と人間、執事と主、種族を越え、身体を重ね、今の二人は、ここでは、この空間だけは、恋人同士の甘い戯れに身を焦がすのだ。
 シエルは、魂の終焉を望むが、セバスチャンの心は、自分を手放せないだろう事も、察しているシエルだった。
 「女王の番犬」として、時には、人を殺めた「人間」に、「悪魔」を使い、死を与える「人間のシエル」
 どちらが、穢れているのだろう・・・
 「人間なのに」人を殺す「人間」と、「子供なのに」悪魔に「人間を」殺させる自分と・・・
 「考え事ですか?シエル・・・」セバスチャンは、ベッドの中でしか、自分の名前を呼ばない・・・
 「煩い!」セバスチャンの首に腕を回しキスするシエル・・・
 「不味い・・・苦い・・・」セバスチャンのキスは、自分の精液の味しかしない・・・
 「そうですか?私のは、ともかく、坊ちゃんの蜜は、私には、充分甘いですし、私の活力源なのですがね・・・」さらりと言うセバスチャン。
 「もう、いい・・・恥ずかしいから、早く・・・」「ええ・・・私を差し上げましょう・・・」セバスチャンは、手早く自身を取り出し、シエルの蕾に擦り付けた。。
 「ああっ・・・」ズプッとシエルの秘所に潜り込むセバスチャンの牡。
 グチュ、グチャ・・・卑猥な水音が、シエルの思考を支配し、陶酔していくシエル。
 「坊ちゃん・・・ああ・・・シエル・・・快い・・・」珍しい言葉を発するセバスチャン。
 「僕の身体は・・・快いか?セバスチャン・・・」シエルは、嬉しくて、セバスチャンの首に回した腕で、必死にしがみつく。
 「ええ・・・最高の身体ですよ・・・あっ・・・そんなに締め付けたら・・・私も・・・もう・・・」セバスチャンは、眉間に皺を寄せ、吐精してしまいそうなのを耐えているのだ。
 「ああっ・・一緒に・・・セバスチャン・・・」「ええ・・・シエル・・・」セバスチャンは、シエルの腰を掴むと、注挿のスピードを上げていった。