FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


フリーエリア

父の日にビールはいかが?


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


フリーエリア


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


QRコード

QR


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


黒ミサNO.3
「僕の言いたい事は、解っているだろう?セバスチャン!」後ろから、シエルを抱き抱える様にしている執事に言う。
 「ええ・・・坊ちゃん・・・貴方のお怒りは、御尤もです。しかし、私には、あの方法しか・・・」セバスチャンは、叱られた犬の様に、シュンとしていた。
 「契約を守れ!死ぬ筈だったのに・・・もう、一人ぼっちにするな・・・」シエルは、カバッと後ろを振り返り、セバスチャンに抱き付く。
 「坊ちゃん・・・」セバスチャンは、言葉が出なかった。
 ヒックヒックとシエルが泣いていたから・・・
 「申し訳ございません・・・坊ちゃん・・・」長い間、抱き付くだけの二人だった。
 「今更、謝ったって遅い!王妃が何で、お前を助けたかは、知らないが、契約が完了した訳ではないだろう?僕の魂、食べなかったんだからな・・・再度、誓え!二度と、僕の傍から離れないと・・・。一人で逝ったりしないと。死ぬなら、僕も一緒に連れて逝け!もう、一人になるのは、嫌なんだ・・・僕を一人にしないで・・・」最後は、子供っぽい願い・・・
 見た事のないシエルに心を掻きたてられる。
 「ええ・・・誓います。二度と、貴方を一人にしない・・・今度こそ、死ぬ時は、一緒です・・・地獄の果てまでも・・・これで、お許し頂けますか?ああ・・・涙で濡れても、貴方は美しいですね・・・」セバスチャンは、優しくシエルの涙をお湯で流し、隅々まで、綺麗に洗っていく。
 「ああっ・・・どこ・・・触って・・・」途端に上がる悩ましい声・・・
 セバスチャンは、シエルとの再契約の為に、シエルと身体を繋げる準備をし始めたのだ。
 「いや・・・こんな所で、コトに及べば、僕は逆上せるだろうが(・_・;)」シエルは、本気で慌てていた。
 「クスッ、マイ・ロード。本当に貴方は、お子様なんですから・・・」甘い雰囲気も何のその・・・シエルにはセバスチャンも叶わない。
 「では、寝室へ御案内致しましょう・・・」セバスチャンは、シエルをバスタオルで包み、足早に寝室へ向かう。自分にも、余裕などないのに、素知らぬ振りをしていただけ。
 ドサッとベッドに倒れ込み、お互いの唇を貪った。
 「んんっ・・・」シエルは、久しぶりのセバスチャンの濃厚な口付けに酔った。
 死の島で気を失い、今までセバスチャンと抱き合っていない。
 身体が熱くなるのが、自分で解るシエルだった。
 「フフ・・・こんなに溢れさせて・・・」セバスチャンは、シエルの幼い茎を触り、フニフニと弄ぶ。
 「やぁ・・・」シエルは、全身を薔薇色に染める。
 セバスチャンは、シエルの首筋に吸いつき、赤い花の様な跡を付けていく。
 「ああ・・・んっ・・・」シエルは、快楽に身を任せ、溺れていく。
 セバスチャンは、執拗に所有印を身体中に付けていく。
 離れた時間を埋める様に・・・
 「もう・・・早く・・・」「駄目ですよ、まだ、解してませんから・・・」早くと強請るシエルに、大人の余裕で接するセバスチャン。
 「いいから、僕も今は悪魔なんだろう・・・もう、待てない、壊れてもいいから・・・」シエルは、セバスチャンの首に抱き付き、全身を真っ赤に染めていた。
 「貴方って人は・・・知りませんよ、そんなこと言って・・・私がどれだけ我慢していたか・・・貴方は、知らない。もう、私は、自分を抑えて要られませんよ・・・殆ど、魔力の残っていない今、貴方から、魔力を返して頂かなければ、どんなに傷付いて直して差し上げれませんよ。それでも、宜しいのですか?」セバスチャンは、シエルを気遣う。
 「ああ・・・構わない。お前の仮死状態を見て、ショックだった・・・僕の為なのは、解るが、一人置いて逝こうとしたのは、許せない。償う気があるなら、抱いてくれ・・・」シエルの頬を涙が伝う。
 両親も自分を一人にして逝ってしまったのだ。
 一人生き残るのは、耐えられない。
 「では、いきますよ・・・」セバスチャンは、昂った自分のソレをシエルの、まだ、解していない蕾に宛がった。ズプッと、挿入された。
 「あああ・・・」シエルは、久しぶりの痛みに絶叫していた。
 「坊ちゃん、大丈夫ですか?」セバスチャンの心配そうな顔。
 「ああ、気にする・・・な・・・」痛みに耐えて、顔を顰めるシエル。
 グチュグチュ、淫らな水音が寝室に響く。
 シエルは、快感を感じ、射精していた。
 瞬間、内部で、セバスチャンの砲身を締め付け、搾り取る勢いで、蠢くシエルの熱い秘所。
 「ああ・・・くっ・・・シエル・・・」僅かに喘ぎ、セバスチャンは、シエルの内部で、果てていた。
 未だに、シエルの再奥まで、到達していないと言うのに・・・
 「坊ちゃん・・・貴方を・・・愛しています。シエル・・・」自身の胸でハァ、ハァと荒い息遣いのシエルを抱き締め、セバスチャンは、幸せを感じていた。
 「僕も・・・お前を愛している・・・セバスチャン・・・」シエルは、荒い息の中、自分から、セバスチャンに口付けた。
 セバスチャンは、シエルに魔力を与え、消滅する道を選択した。
 王妃リリスが、それを阻止したが、シエルが望まなければ、彼女は、手を貸さなかっただろう・・・
 リリスは、自分の望みを叶えてくれれば、代償は何も要らないと言った。
 セバスチャンは、自分に嘘を言わないのだから、信じられるが、リリスは悪魔だ。
 信じられる筈もない。
 どんな代償を払っても、シエルは一向に構わないのだが・・・
 「ああ・・・坊ちゃん・・・」セバスチャンは、未だに、自身をシエルの内部に収めたままだった。
 「ちょっ・・・もう、それ以上・・・」悪魔でない筈のセバスチャンのソレは、シエルの中で大きくなっているのだった。
 「駄目ですよ、一度や二度で、私が満足するとでも?今まで散々、お預けくらったんですからねっ、まだまだ、お付き合い願いますよ♥」「何がねっ、だ。自分から、離れたり、僕に魔力を移したり、お前が全部、悪いんじゃないか?僕を散々、弄んだくせに・・・」シエルは、膨れる。
 「ですから、そのお詫びに、極上の快楽を・・・」セバスチャンは、悪魔であろうが、なかろうが、自分の身体には、自信があるのだ。
 言葉と共に、律動を開始する。
 「はぁっ・・・んっ・・・」シエルは、再び、訪れた快楽に身体をくねらせ、喘ぐ。
 全身を薔薇色に染めたシエルは、美しい。
 「ああ・・・こんなに締め付けて・・・私にも、極上の快楽ですよ・・・素晴らしい肢体ですよ、貴方は。」
 追い込んでる筈のセバスチャンでさえ、シエルには、追い込まれてしまう。
 人間を騙し、誑かし、契約完了時、引き換えに魂を喰らう悪魔・・・魂など、食料に過ぎぬのに、シエルを愛したセバスチャンは、自分の命を掛けて、シエルの生の願った。
 魔界の女王、魔王の王妃であるリリスには、セバスチャンの命を繋ぐ事など容易い。
 シエルとの契約は、シエルのセバスチャンへの想いを確認したかっただけ・・・
 セバスチャンが、シエルを愛した様に、シエルもセバスチャンを愛したのか、知りたかっただけ・・・
 セバスチャンの熱い抱擁に翻弄され、シエルは快楽の波に流されていく。
 「くっ・・・坊ちゃん・・・もう・・・」セバスチャンももう、限界だった。
 「僕も・・・イク・・・セバスチャンも・・・僕の中で・・・」激しく揺さぶられ、身体は軋み、シエルも限界だった。身体がバラバラになりそうな感覚の中で、シエルは強請る。
 「何と可愛い方なのでしょう・・・貴方は・・・私も・・・もう・・・イキますよ、シエル」ドクンッ、セバスチャンは、シエルの再奥に、シエルは、抱き合って密着したお互いの身体に快楽の証を迸らせていた。
 疲れ切った二人は、繋がったまま、意識を手放した・・・
 二人が、意識を失った事を確認したリリスが、魔力で二人の身体をシーツで隠し、ガラガラとワゴンを引いてきた。
 シエルは、セバスチャンの魔力を移され、命を取り留めたが、完全な悪魔ではない。
 散々、抱き合って、セバスチャンに魔力が流れ込み、人間に戻るのは、後一息だった。
 この後も、情事は続けなければならない。
 体力を付ける為に、食事を摂らなければならない。
 リリスは、食事を用意し、二人に手を翳し、体力の回復を図る。
 強大な魔力を秘めたリリス・・・彼女がサタンから、離れた今、亡き者にしようとする暗殺者は、もうそこまで来ていた。
 二人が目を覚ます瞬間にリリスは、部屋を後にした。
 置き手紙を見て、繋がったままの身体を離した二人は、食事を摂る。
 シエルは、食べた事のある味を感じ、複雑な表情をした。
 食事を終え、シエルはセバスチャンに抱き上げられ、浴室に運ばれた。
 二人は、無言だったが、どうすればいいのかは、解っている二人だった。
 「ああっ・・・セバスチャン」浴室では、痴態が繰り広げられていた。
 セバスチャンを完全な悪魔に戻す為には、手っ取り早く、身体を繋げるのが一番なのだから・・・
 「坊ちゃん・・・坊ちゃん・・・シエル・・・」切ない表情のセバスチャン。
 二人は、お互いの名を呼び続けた。
 離れていた間の隙間を埋める様に・・・
 どんなに抱き合っても、中々、満足する事はない。
 一つに溶け合って、二度と離れる事がない様になるまでは・・・
 運命は、二人を引き離す事は出来なかったのだ・・・
悪魔で大人のセバスチャンと人間で子供なシエルを・・・
 結ばれるべきではなかったかも、知れぬ・・・運命の悪戯は、二人を引き合わせた。
 お互い、孤独な魂を持つ存在だったから・・・
 「シエル、私は貴方と出会った事に、後悔はしていません。貴方と出会って良かった。例え、同族と争う事になったとしても・・・」セバスチャンは、自分の覚悟を本音をシエルに伝える。
 「セバスチャン、僕もお前を選んだ事を後悔していない・・・一度、お前の魔力を受け継ぎ、悪魔になった以上、完全に人間には、もう、戻れないのだろう?それでも、構わない。お前と、共に生きていけるなら・・・」シエルも自分の本音を暴露する。
 セバスチャンを失うくらいなら、自分が死んだ方がマシなのだから・・・
 種族を越え、愛し合った二人には、怖いモノなどないのだ。
 お互いを失う以外には・・・