FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


フリーエリア

父の日にビールはいかが?


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


フリーエリア


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


QRコード

QR


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「僕の願い」NO.1
  今日から、シエセバで、アニメⅡラスト後の悪魔二人の異変小説、更新致します。
  20禁くらいのノリでいきますので、エロが苦手なお嬢様は、御戻り下さいね
  
  閲覧後の苦情は受け付けておりません。
  不快な気分になられましても、責任をお取り出来ません。

  大丈夫なお嬢様のみ、アクセスして下さいね♥
    では、シエセバ、アニメⅡ後の、妄想・捏造ストーリーいきます。♥
        「僕の願い」    NO.1
 「坊ちゃん・・・坊ちゃん・・・」僕を呼ぶ声・・・
 懐かしい様な、聞いた事のない様な微妙な声・・・
 「う・・・ん」シエルは覚醒始めた。
 長い間、眠っていた気がする。
 「坊っちゃん・・・ああ、やっとお目覚めになられたのですね・・・」誰かの声がする。
 (誰だったっけ・・・)記憶の中で、聞いた事のない不思議な声・・・
 「まだ、すっきりお目覚めになられないのですか?」丁寧だが、寂しそうな声・・・
 頬を撫でられても、頭はボゥッとして、マトモな思考にならない。
 「無理もありません・・・私でさえ、この状況に今やっと慣れた所ですから・・・」(私?そんな事を言うのは、アイツしかいない・・・)「セバスチャン・・・」「ええ、マイ・ロード、シエル・・・」その言葉に僕は、ハッキリしていく意識の中、益々、混乱していた。
 何故なら、目の前のアイツは、シャツこそいつものカッターだったが、袖はブカブカで、肩はズリ下がり、何でそんなに大きなシャツを着ているかと思う程、身体に合っていなかった。
 それもその筈、セバスチャンの身体は縮んでいたのだ。
 「おい、それは何の冗談だ?新手の嫌がらせか?僕を抱きたくないのに、昨日、強請ったからか?」シエルは怒りを露わにして、セバスチャンを睨みつける。
 「では、貴方は何だと言うのです?その言葉を鵜呑みにするとすれば、貴方こそ、私に嫌がらせされているのですか?御自分の身体を確認なさったら、どうなのです?」セバスチャンは、ハァと溜息を付きながら、呆れた時のモノ言いだった。
 僕はムッとしながらも自分の身体を見る。
 「ウァッ・・・」悲鳴しか出てこない・・・
 僕の身体は全裸だった・・・
 しかも、見慣れないモノが生えていた。
 僕の髪と同じ叢が・・・その叢を搔き分ける様に天を向いて聳えているモノも・・・
 りっぱな男性器が・・・
 そう、僕の身体は大人になっていた。
 そして、セバスチャンの身体は、子供になっていたのだ。
 だから、今のセバスチャンの声は、聞き慣れないのだ。
 大人のテノールか、バリトンの響きのあるセバスチャンの声は、ボーイソプラノの様に高い声になっていたから。 
 「これは、何の冗談だ?セバスチャン、答えろ!お前の仕業か・・・」「私がした事でしたら、自分を縮める必要はないでしょう・・・只、今言える事は、昨夜の行為がいけなかったのでは」「どう言う事だ?」「私達は、今、お互いの精気を喰い合い、空腹を満たしております。私は、貴方を抱くだけで、満たされておりますが、貴方は悪魔になったばかり・・・本来なら、多量の魂を喰らわなければ、空腹が満たされないのでは?ですから、昨夜は私も疲れて貴方の中にいたまま、眠ってしまったのですよ・・・貴方は無意識で私の精気を喰らわれたと思われます。」セバスチャンは至って冷静にそう判断したのだ。
 「僕の中にいた・・・って突っ込んだまま、眠ったのか(-_-;)」慌てるシエル。
 「貴方、悪魔になってから、下世話になられましたね・・・そうです、貴方に挿入したまま、私は眠った・・・そこから、貴方は私の精気を吸い摂ったのでしょうね。」セバスチャンは意気消沈していた。
 「人」から「悪魔」になった存在は、長い生の中、シエルが初めてなのだ。
 だからこそ、理解出来ない事態になったのだろう・・・
 「しかし、コレどうするんだ・・・僕ではどうしていいのか・・・」顏を赤らめながらシエルは呟いた。
 「大丈夫ですよ、私が処理して差し上げますから。例え、身体は子供でも、それくらい出来ますしね。貴方から、沢山の精液を絞り取れば、私は元に戻れるかも知れませんし・・・」セバスチャンはシエルの言うコレをパクッと咥えた。
 コレとは、シエルの牡だった。
 「くっ・・・」すっかり大きくなったコレは、子供になったセバスチャンの口には大き過ぎた。
 「うっ・・・」セバスチャンは戸惑っていた。
 自分の身体が小さくなっているだけで、心元ない気分になった。
 (坊ちゃんは今まで、こんなに御苦労を・・・)そう、セバスチャンはシエルに無理矢理、口淫を迫った事はなかったが、それでも、シエルの興が乗った時は、自由にさせていた。
 シエルの小さなお口では、満足出来なかったが、自分をイかせ様と必死になるシエルの姿に気分は高まり、精を放っていた。
 今、自分がその状況に陥り、「後悔」していた。
 シエルに無理をさせていたのでは・・・と?
 (何でこいつこんなに可愛いんだ・・・)シエルには別の感情が芽生えていた。
 「セバスチャン、こっちにお尻を向けろ」シエルの声にビクッとなるセバスチャン。
 「坊ちゃん・・・それは・・・」散々、シエルにしてきた事・・・
 「早くしろ、これは命令だ!」命令の言葉が、セバスチャンを縛る。
 「イエス・・・」キュッと唇を咬み、ロードは言えないセバスチャン。
 オズオズとシエルの方にお尻を向けるセバスチャン。
 「ホゥ、悪魔のお尻ってこうなっているのか・・・排泄しないとは言え、僕達と変わらない・・・」シエルはマジマジとセバスチャンの蕾を凝視する。
 「ぼ・・・坊ちゃん、あまり見ないでいただけますか・・・」「お前が僕に散々してきた事じゃないか・・・だって舐めなきゃ僕を受け入れられないだろう?」「!」セバスチャンの蕾に舌を這わすシエル。
 「やっ・・・ああ・・・」シエルの舌がセバスチャンの蕾を舐め始めた。
 余りの快楽にセバスチャンはシエルに倒れ込んだ。
 悪魔は人体形には成れるが、機能其の物は、完璧な「人」には、成れないのだ。
 水分は吸収する事なく、「人」の様に排出する事は可能だが、それが尿その物とは言えないだろう。
 物質を体内で変換する事は出来ないからだ。
 同じ理屈で、食事を摂っても、排泄は出来ない。
 魂を喰えぬ場合に血肉として、吸収されて、出る事はないのだから・・・
 「はぁっ・・・」シエルの愛撫は深くなる。
 今のセバスチャンでは、執拗なシエルの愛撫に持ち堪える事はムリな事。
 呆気なく、シエルの腹に白濁を放ってしまった。
 シエルにぐったりと倒れ込む。
 自身の精液で、身体を濡らすセバスチャン・・・
 「何だ、是式のことでだらしない。ああ・・・すっかり自分ので、身体を汚して・・・」シエルには、セバスチャンを虐めるつもりはなかったが、悪魔になった為、苦い筈の精液は甘いのだ。何度も、自分の再奥に迎え入れたくて、セバスチャンが気のりしない時、自らセバスチャンに跨り、腰を振って、イかせた事すらもあった。
 「悪魔は自分の感情に正直です。欲しいモノは欲しい。しかも、一部の感情は欠落していますので、羞恥心などはありません。アクマで自分の望みを叶える為に、行動するだけです。」いつだったか、悪魔と言う存在について、セバスチャンが言っていた言葉・・・
 そう今、自分はセバスチャンが欲しい・・・決して大人になれない筈の自分は今、大人の身体を手に入れたから・・・(僕の願いは、大人になる事)シエルは自分を抱いて、セバスチャンは、満足していないだろうと思っていたから。
 今その願いが叶ったのだ。
 しかし、セバスチャンを抱きたいと想う自分には、苦笑していた。
 (普通なら、周りに決められた婚約者とは言え、仮にも女の子のエリザベスを抱きたいと想う方が自然なのに・・・と)シエルの思考を読めないセバスチャン。
 長く生きてきたが、シエルの様にSEXが初めてだった訳ではないのに、身体が子供になっただけで、ここまで感じるとは、思わなかったセバスチャンだった。
 シエルの上で、ヒクヒクと身体が震える。
 シエルは、セバスチャンを抱き起こし、ベッドに寝させ、圧し掛かる。
 おもむろに精液を舐め始めた。
 「あっ・・・やぁ・・・」セバスチャンは、シエルの舌が繰り出す、甘い疼きに翻弄された。
 (何で・・・こんなに感じて・・・)自分の心が信じられない。
 セバスチャンはその感情の正体に気付かない。
 「愛」心ある者が持ちえている愛しい感情がソレだと。
 本来SEXは、愛し合う男女が、次代の子供を成す為の「愛」ある行為なのだ。
 犬や猫などの動物は、発情した時のみ、生殖行為として「交尾」するだけ。
 そこに「愛」など有り得ない。
 簡単に言えば悪魔であり、本性が鴉であるセバスチャンも、発情した時のみしか、SEXしないのだと言えば、理解出来るだろうか?
 しかし、命令だとは言え、毎日シエルと抱き合うセバスチャンは、悪魔の中でも異質なのだ。
 クロードはアロイスの命令でも、「貪りたい」と言っていても、セバスチャンの様に、アロイスを頻繁に抱いた訳ではない。
 最後は結ばれたのであろうが、しっかりとした命令でなかった為に、クロードの手に掛かったのだから・・・
 「嫌なのか?セバスチャン・・・」シエルは拒否の言葉を吐く、セバスチャンに怪訝な目を向ける。
 「いえ・・・嫌だとは口から洩れましても、只・・・あの・・・その・・・恥ずかしいだけで・・・」セバスチャンはモジモジしながら、答えた。
 「それならいいな」言うが早いか、ズプンとセバスチャンの蕾に、猛りきったシエルのモノが挿入された。
 「ああああっ・・・」セバスチャンの口から、嬌声が漏れた。
 散々慣らされてはいたが、抱かれる一方のシエルでは、小さいセバスチャンの身体に気を遣う事は、無理な事だった。
 微妙にセバスチャンの蕾は裂け、少量の出血が見られた。
 痛みに支配されながらも、セバスチャンの蕾は、健気にもシエルを締め付け、解放させ様と快楽に誘った。
 「くっ・・・うっ・・・そんなに締めるなセバスチャン・・・もう僕は・・・」「構いません・・・中で出して、シエル・・・」セバスチャンは痛みと快楽の狭間で、涙を流しながら、シエルの迸りを体内で感じ、意識を失っていた。
 シエルは最後までセバスチャンを抱き締め、白濁でセバスチャンを穢した。
 ズルっと内部から自身を抜き取ると、セバスチャンの内部から、精液が垂れていた。
 気を失ったままのセバスチャンに囁く「僕はお前を愛している。この命続く限り、お前は僕のモノだ。お前は僕だけの執事であり、僕だけの悪魔・・・誰にも触れさせないし、もう悲しい目には合わせない。僕がお前を守ってやる・・・」クロードに洗脳された時、不本意ながら、セバスチャンを苦しめてしまった。
 愛しいセバスチャンを・・・