FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

おいしそう

是非、食べたい♥


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


ハロウィン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Caffarel カファレル】 カンパーナ パウンドケーキ
価格:1728円(税込、送料別) (2017/9/13時点)



ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


スイーツ

チョコ

食べたい~


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


スムージー

飲んでみたい♥


アマゾン商品


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


カラリオ新製品

プリンター紹介


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新記事


カテゴリ


時計

今、何時?


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


最新コメント


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



アマゾン

アマゾンの紹介


QRコード

QR


最新トラックバック


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「ハロウィンの夜は熱く燃えて」
 朝、ツイッターで書いてたハロウィンネタ
 少し、道具?使ってますので、苦手なお嬢様は、読まないでね((+_+))


「ハロウィンの夜は熱く燃えて」
 「何だそれは?」それは、執務室でのシエルの言葉から始まった。
 シエルは、セバスチャンが広げて見せる物を見て、訝しげな表情で尋ねた。
 「見てお解りになりませんか?ハロウィンの衣装です。エリザベス様からの贈り物ですよ。」
 セバスチャンは二人分の衣装を代わる代わる見せて、にっこりとほほ笑んだ。
 「何で、僕が悪魔で、お前がヴァンパイア何だ?普通に、お前が悪魔の方が相応しい」
 フンと鼻であしらうシエル。
 「私の本性の仮装の方が宜しいと?それでは、皆に引かれてしまいますよ。それでも宜しければ、御披露致しましょう」
 「もういい!どうせリジーは、可愛い物が好きなだけなんだから・・・さっさと支度しろ!お前の変装も見てみたいし・・・」
 悪戯っぽいシエルの表情に、セバスチャンは、ドクンと心臓が高鳴ってしまう。
 (本当にこの主は・・・何故、この私がこんなにも、こんな唯の人間のクソガキに、心奪われるのか・・・いいでしょう・・・私を虜にした罰を与えて差し上げましょう)
 「では、坊ちゃんこちらへ・・・」
 執務室から連れ出されたのは、寝室だった。
 「何で衣装に着替えるのに寝室何だ?衣裳部屋で・・・ちょっ・・・セバス・・・」

 その夜・・・
 「キャ~シエル!って、何でセバスチャンに抱っこされてるのよ?あれ?私そんなしっぽ「いらっしゃいませ、エリザベス様、どうぞこちらへ、お菓子もケーキも沢山用意させて頂きました。どうぞ、お召し上がりを・・・」
 セバスチャンに邪魔されて、エリザベスの疑問はかき消された。
 ?????が飛び交ってるシエル。
 「やぁ、これは盛況だね、我も仮装してみたよ」
 「これは劉様、それは青龍の扮装でしょうか?藍猫様は、西王母のご衣裳で?」
 「ほぅ?君は博学だね?天界に属する方々の事まで知っているのかい?」
 劉は瞳を見開いた。
 「ええ、書物は一通り目を通していますので・・・それより、どうぞ、ハロウィンをお楽しみ下さいませ」
 セバスチャンは明らかに誤魔化しているが、劉には、そんな事よりも、シエルを抱っこしたままのセバスチャンの方が、気になるのだ。
 「へぇ・・・悪魔の伯爵に、ヴァンパイアの執事君か・・・よくお似合いだね。特にこのしっぽ「触るな!お前は菓子でも食ってろ!」
 しっぽに劉が触れる寸前、シエルが叱咤した。
 「はいはい、何かご機嫌斜めだね、伯爵は・・・行こうか藍猫」
 劉は、さっさとパーティー会場の方へ進んで行った。
 シエルはパーティーどころではなかった。
 さっきから皆が気にするしっぽには秘密があったからだ。
 シエルの着替えに寝室が使われた本当の理由・・・
 しっぽは長くて、シエルが普通に歩いたら、引きずる程の長さだった。
 それで仕方なく、セバスチャンに抱っこされるのを、甘んじて享受していた。
 床に引きずってしまえば、直接響くからだ。
 それは、シエルの蕾の中に、深く挿入されているからだ。
 数時間前、衣装を調えた時、下着の秘部に穴が開いているのに、違和感を覚えて、質問する前に、尻を高く上げ蕾にヌルッとした熱い舌の感触を感じて、シエルは全てを察してしまった。
 セバスチャンが蕾に、何かを挿入しようとしている事を・・・
 「何しているんだ・・・やめ・・・」
 セバスチャンは無言で愛撫する。
 「いゃ・・・はぁっ・・・」
 抱かれ慣れた身体は、直ぐに反応してしまう。
 その内、ツプッと何か固くて、冷たい異物が、挿入されるのを感じていた。
 「何っ・・・ああっ」
 シエルの叫びなど物ともせず、セバスチャンは強引に何かを挿入していった。
 ググッ・・・ズプッ・・・
 「あああ・・・」
 その感覚にシエルは快楽の余り、軽くイッてしまった。
 「おやおや、こんなモノ入れただけで感じちゃったんですか?それ程、宜しかったんですか?」
 クスクス笑うセバスチャン。
 「煩い!こんな事・・・何で・・・」
 「悪魔は嫉妬深いのですよ、パーティー会場のお客様が貴方に欲情なされては、堪りませんからね。大事な所は、塞いでおかなければ・・・」
 「お前が常に傍にいて、守れば済む事だろうが!こんな事ワザワザしなくても・・・」
 異物を挿入されて、シエルの機嫌が悪くなる。
 「仕方ありませんでしょう?貴方を守るのにも、限界はありますからね。こうしておけば、貴方は私から離れられません。嫌がられようとも、我慢して頂きますよ。では、汚された所は、舐め取って差し上げましょう」
 ピクピクとしている幼茎を舐めしゃぶる。
 「やっぁぁぁ・・・ふう・・・ん・・・」
 ピチャピチャといやらしくセバスチャンは汚れを綺麗にしていく。
 「さぁ、もうそろそろ衣装を着ませんと・・・」
 シエルの気分が昂ぶった所で、焦らす。
 「流石は悪魔だ・・・僕をここまで煽っといて、放置か?」
 「ですが、お時間です。私は、お相手して差し上げたいのですけれど・・・」
 シレッとするセバスチャンに益々、イラつくシエル。
 (後で、覚えてろよ!)
 叶わぬまでも、シエルは心で叫んでいた。
 そして、現在・・・
 シエルは悪魔の扮装で、ヴァンパイアの衣装のセバスチャンに抱っこされているのだ。
 パーティーはつつがなく終了し、本来なら宿泊する筈のエリザベスも全ての招待客も、夜が完全にふける前に、帰宅して行った。
 今日は、ファントム社関係の貴族達とかなので、比較的大人しめなので、シエルがセバスチャンに抱っこされてても、誰一人として突っ込まない。
 唯、劉だけは、ジロジロと不躾な視線を投げかけていた。
 そんなこんなで、今シエルは、自分の寝室にいた。
 パーティーの用意の時と同じ様に、うつ伏せで、尻を高く上げた状態で・・・
 「ううっ・・・早く取れ!」
 挿入と同じ方法で、セバスチャンはシエルの秘部を舐め溶かし、解していく。
 ズズッ・・・異物がズルズルとその姿を現していく。
 それは、直径2センチ程の大粒の真珠だった。
 5粒くらいの真珠の先には、シエルの身長以上の長さのしっぽが付いていたのだ。
 ズッポン・・・完全に埋まっていたしっぽが抜け切った。
 ハァハァ・・・荒く息を付くシエルを余所に、カチャカチャと硬質な音がした。
 セバスチャンが、ベルトを外し、スラックスから、己を取り出し、挿入しようとしているのだ。
 ズッ・・・背後から、挿入される。
 「ああ・・・こんな・・・はぁ・・・」
 お預けされていたシエルは嬉々として、セバスチャンを締め付けた。
 「くぅ・・・そんなに締めた・・・ら・・・」
 珍しく、セバスチャンもイキそうになる。
 「フフ・・・何度でもイケばいいだろう・・・今宵の僕は悪魔で、お前はヴァンパイアなんだろう?」
 何と傲慢で、強欲な主人だろうか?自分が翻弄したつもりが、悪魔の自分が、唯の人間の子供に翻弄される。
 「イエス、マイ・ロード。私は、唯、ご命令に従ったまで・・・後で文句をおっしゃられても、責任は御取り出来ませんからね・・・」
 セバスチャンも余裕がなく、早く、欲をシエルの内部にぶちまけたくて堪らなかった。
 「いい・・・僕もお前が欲しい・・・早くセバスチャン・・・」
 珍しいシエルの強請る言葉に、ドクンとセバスチャンのモノが、大きさを増す。
 「もう・・・そんなに大きく・・・ああっ」
 「ふっ・・・うっ・・・シエル」
 セバスチャンはシエルの内部で、ドクンと弾けていた。
 「あっぁ・・・熱い・・・」
 シエルは、内部でセバスチャンの熱を感じ、意識を手放した。
 ハァハァ・・・
 「まったく貴方と言う方は・・・」
 悪魔であるのに、シエルに囚われてセバスチャンは、我慢出来なくなる。
 
数時間後・・・
シエルはセバスチャンの腕の中・・・意識を取り戻し、訪ねてみた。
「ところで、セバスチャンあのしっぽ・・・」
にっこりほほ笑む悪魔の笑顔に、シエルは言葉を失った・・・
                    FIN
H23.10.31 P10:17
あとがき
 朝、ツイッタ‐で上げた呟きに加筆して、突発で書いてみた。
 去年は、ハロウィン忘れてて、書けなかったなぁ・・・
 昨日、ニュースで、100人程のハロウィンパーティーの会場の控室で、衣装に蝋燭か何かの火が引火して、女性が大やけどしたってのを見て、今日はハロウィン何だと知った九条・・・
 たいしたやけどでなければ良いのですが・・・女の子は肌が命だからね♥
 九条は、大阪万博で、右のこめかみに父のたばこのやけどの痕がある。
 根性焼きじゃないけど・・・今はあるかないかはっきりしないけど・・・
 混んでて、後ろから押されてジュ・・・泣いてて、楽しい思い出も何も・・・
 とんかつが美味しかった・・・食い意地だけね・・・
 一歩外れてたら、失明だよ、右目(゜-゜)
 話がずれたけど、先生の表紙の主従が元ネタ・・・
 悪戯するセバスチャンに翻弄されるシエル何だけど、実はセバスチャンが翻弄されていた・・・
 唯、Hしたいセバシエって感じで・・・最近、うちの坊ちゃんがお強請り気味で悪魔のセバスチャンが、とても喜んでいます。
 ベタベタイチャイチャするセバシエが好き♥
 あっと言う間に果てた二人・・・うーん、最近、エロばかり書いている(-_-;)
 まぁ・・・いいかBLブログって表記しているし(-_-;)
 今日、朝思いつき書けないと思ってて、すぐ書いて、旦那戻ったら、ファイル保存して・・・これから更新♥
 ファイルだと全部一気にブログに上げれるのでいいなぁ。
 今頃、気付いてる(-_-;)
 その内、殺し屋シエルも書く♥