FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

おいしそう

是非、食べたい♥


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


ハロウィン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Caffarel カファレル】 カンパーナ パウンドケーキ
価格:1728円(税込、送料別) (2017/9/13時点)



ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


スイーツ

チョコ

食べたい~


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


スムージー

飲んでみたい♥


アマゾン商品


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


カラリオ新製品

プリンター紹介


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新記事


カテゴリ


時計

今、何時?


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


最新コメント


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2012年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



アマゾン

アマゾンの紹介


QRコード

QR


最新トラックバック


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


レゾンデートル3「繋いだ手は未来へ・・・3」FIN
シエル女体子作りストーリー最終話
 美羽ちゃんリクエストありがとうございます(*^_^*)
 R-20くらいですので、エロのきらいなお嬢様は、ご覧になりません様に・・・


 「繋いだ手は未来へ・・・3」
 「はっああんっ・・・」
 ピチャ・・・ペチャペチャ・・・卑猥な水音が寝室中に響く・・・
 「もう・・・やらぁぁぁ・・・」
 気丈なシエルはセバスチャンの子が欲しくて、
 「孕ませろ!」と命令したものの、長時間に渡る愛撫に、理性がなくなりそうだった。
 「駄目ですよ、貴女が孕むまで止めません。貴女は先ほど、ご命令なさったではありませんか?そのご命令を簡単に覆そうと?そんな虫のいい話など、ございませんよ」
 クスクスと微笑むセバスチャンの目は、シエルの愛した紅い瞳・・・
 シエルの蜜を舐め取る赤い舌に、シエルはドクンと心臓の音が高鳴る気がした。
 理性を手放して、本能のまま、お互いを求めればいい・・・
 「もういいから・・・」
 シエルはセバスチャンの方に抱き付き、口づける。
 「シエル・・・」
 本当は、もっとシエルの蜜を舐め取って、理性を奪ってしまいたかった・・・
 自分だけを欲し、本能のままセバスチャンを求める妖艶なシエルには、滅多に出会えないから・・・
 そのままシエルに押し倒されるセバスチャン。
 既にセバスチャンのモノはシエルを求め、昂ぶっていた。
 クスクスと笑うシエル。
 「もう、僕が欲しいんだろう?我慢する事ないだろうに・・・お前は、素直じゃないんだから・・・」
 夫を押し倒す妻とは思えない強い口調。
 セバスチャンの愛した高貴な魂・・・
 「ええ・・・私はいつだって貴女が欲しい・・・貴女が誰かに微笑む事すら、本来なら許し難いのですよ・・・」
 シエルにスリスリとセバスチャンは擦り寄る。
 「ならば早く喰らえ!僕の身体は、お前に取って最高なんだろう?」
 こんな事を言う瞬間のシエルは妖艶で、悪魔であるセバスチャンですら、虜にしてしまうのだ。
 ゴクンと喉を鳴らすセバスチャン。
 「では・・・坊ちゃん・・・」
 懐かしい呼び名・・・
 セバスチャンの為に、本来の性別を捨てたシエル。
 後悔などしない・・・シエルは、セバスチャンの為に、子を宿す決意をしたのだから・・・

 グチュン・・・蕩けきったシエルの内部に入り込むセバスチャンのモノは、限界までシエルの内部を押し広げ、大きくなる。
 「つっっっ・・・」
 余りのセバスチャンの大きさに、言葉も出ないシエル。
 「シエル・・・辛かったら、私の背に爪を立てても、痛みに耐えれなければ、噛みついても構いませんよ。これから、貴女は私と長く繋がる事になるのですから・・・」
 (冗談じゃない!)
 シエルは心の中で怒鳴ったが、後の祭りだ・・・
 セバスチャンに取って、シエルの心を読む事は、至難の技だった。
 シエルが普通の只の、子供とは思えぬ程、自分の心を押し殺す事に長けていたからだ。
 しかし、身体を繋げてしまえば、心の変化など手に取る様に、解ってしまう。
 「さぁ・・・しっかり掴まって・・・動きますよ・・・」
 言ってるセバスチャンも必死なのだ。
 シエルの内部の締め付けは、セバスチャンの理性すら崩壊させる程の、破壊力を持つ。
 「あっあっ・・・」
 シエルは揺さぶられて喘ぐだけ・・・
 ギシッギシッ・・・重厚な造りのキングサイズの最高級のベッドですら軋む。
 セバスチャンは、シエルの使っていたベッドを結婚を機に、新調していた。
 「はぁぁぁ・・・ふうんん・・・」
 シエルの理性は奪われていく・・・
 グチュ・・・グチュ・・・何度も掻き混ぜられて、卑猥な音ですら、シエルを欲情させるだけ。
 何度も突き上げられ、シエルは今まで味わった時よりも、もっと快楽を感じていた。
 「ああんっ・・・セバスチャ・・・好き・・・」
 滅多にないシエルの告白・・・
 「私も貴女を愛しておりますよ・・・貴女だけを・・・」
 何度も何度もセバスチャンは、突き上げ、シエルの最奥に精を放つ。
 「ああああ・・・」
 シエルは最高の快楽の中、失神していた。
 フゥッ・・・セバスチャンは一息吐いた。
 「良かった・・・早めに気を失って頂いて・・・まだまだこれからですよ・・・貴女を壊さない程度に、子作りに励ませて頂きますよ・・・その内に、貴女は目覚めるでしょうが・・・」
 閉ざされた契約印の瞳に口づける。
 己を挿入したまま、角度を変え、体位を変え、セバスチャンはシエルを抱き続けた。
 何時間、抱いただろう・・・
 「ふぇ・・・はぁっ・・・」
 シエルが目覚めたのだ。
 「まだ・・・セバス・・・入ったまま・・・」
 正常位に戻り、シエルの足はガバッとM字に広げられていたのだ。
 繋がってる部分に触れたシエルは、全身をピンク色に染めた。
 「お可愛らしい・・・照れてらっしゃる・・・貴女とどこまでも、私は繋がっていたい・・・いつまでも、貴女を抱いていたい・・・」
 真剣な目でシエルを見つめるセバスチャン。
 「僕は、お前の手を取ったんだ。想う様にすればいいだろう・・・お前は悪魔だけど、僕の夫なんだから・・・」
 シエルは、既に顔は赤らみ真っ赤だった・・・
 「初々しい方だ・・・では、お言葉に甘えて・・・貴女と私の子を作りましょう・・・永遠に貴女が、私のモノでいられる様に・・・」
 「フフ・・・お前が僕のモノなんだ・・・良く覚えておけ!」
 どんな時でも勝気で、気紛れで・・・飽きない愛しい存在・・・
 セバスチャンは、パチッと指を鳴らし、全世界の時を止めた。
 人ならざるモノ以外の生きている存在の時を・・・
 これで、誰にも邪魔される事もなく、シエルが子をその身に宿すまで繋がっていられるから・・・
 「あ・・・んんっ・・・」
 「シエル・・・そんなに・・・くぅ・・・」
 シエルの最奥に何度目かの精を放つセバスチャン。
 ハァハァ・・・シエルもセバスチャンも汗に塗れ、お互いの蜜でベタベタのドロドロだった・・・
 それでも、まだまだ交合は終わらない。
 二人は朝日が出るまで、抱き合い何度も何度も、セバスチャンの精を身に受けたシエルのお腹はぷっくらと微かに膨らんできた。
 まるで、子を宿したみたいに・・・
 セバスチャンも長い交合に、限界を迎えてきた。
 シエルの精気を魂を喰らえぬ代償として、取り込んでも限界はくる。
 「もうすぐですよ・・・シエル」
 ドクッ・・・ドクッ・・・シエルの最も奥でセバスチャンは弾け、そのままベッドに倒れ込む。
 無意識でセバスチャンはシエルを潰さぬ様に、横抱きにしたが・・・
そのまま、二人クウ・・・クウ・・・と眠ってしまう。
 繋がったままの秘部からは、トロトロと欲望の証が、流れ出ていた。
 朝日を浴びても目覚める事のない二人・・・
 世界の生物の時は、セバスチャンによって止められたままだが、太陽とか月とかまでは、止められない。
 悪魔の力の及ばぬ神に属する存在だから・・・
 シエルの身体には、女としての変化が起こり、セバスチャンの子が、作られつつあった。
 無邪気な二人の寝顔に、朝日は祝福を送る。
 性別を異種間の壁を乗り越え、愛し合った二人に・・・
 繋がったお互いの身体で、疲れを回復した二人は、目覚め、二人で入浴し、またも愛し合う。
 シエルの身体の変化に気付いたセバスチャンはシエルに告げる。
 「おめでとうシエル。貴女はこれで、母になれましたよ」
 微笑む夫にキスを送るシエル。
 「これで僕達は、本当の家族になれたんだ」
 珍しいシエルの笑顔を忘れる事なく、セバスチャンは胸に刻んだ。
 事あるごとにそれを持ち出すシエルの照れた顔が見たくて・・・
 二人、未来の子供を描いて、日々過ごしていく・・・
 まだ見ぬ、子を想って・・・
                          FIN
H24.1.31 A0:50