FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


QRコード

QR


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「セバスチャンの誤算1」セバス女体シエセバ
 最近、嵌り出したセバス女体・・・
 カテゴリーにも追加。
 終わる筈だが、終わらない。
 駄目なお嬢様は、御戻りくださいね(*^_^*)
 シエセバでR-18



「セバスチャンの誤算」
 カシャーン・・・執事は銀のトレーを床に落とした。
 バルドは、たばこをポロッと・・・
 フィニは首を傾げ、メイリンは真っ赤で・・・
 それは先程の主人の言葉に反応した彼らの素直な行動で・・・
 「何です、セバスチャン?執事たる者、それくらいの事でうろたえていては、ファントムハイヴの執事長の名が泣きますぞ?」
 珍しく家令から、叱咤を受けるセバスチャン。
 「申し訳ありません・・・ですが、先程の坊ちゃんのお言葉には、少々、驚きましたので・・・お食事中にお聞きになられる事ではないのかと?」
 「でしたら、ベッドの中で貴方にだけ聞けば良いと?」
 タナカのモノ言いが何か、含みを持たせていて・・・
 「いえ、そう言う訳では・・・只、坊ちゃんご自身が子供であられますし、フィニにも刺激的すぎますかと?ましてや、メイリンは女性・・・あからさまにおっしゃられる内容ではないかと・・・」
 「何をおっしゃる・・・坊ちゃんは既に婚約者もいらっしゃる御身なれば、それくらいの経験もお済みになられても、宜しいでしょう・・・まさか、エリザベス様をお相手には、出来ませんが・・・」
 (タナカは何が言いたいのだろう?私に坊ちゃんのお相手を見つくろえとでも)
 セバスチャンは唇を噛みしめ、拳を握っていた。
 無理もない。
 先ほどシエルは
 「女の身体は悦いのか?」
 食事の給仕をし出したセバスチャンに聞いたのだから・・・
 使用人達も、うろたえ、三者三様の反応だったのだ。
 「まぁ良いでしょう・・・その件はセバスチャンに一任するとしまして、皆さん食事をしたら仕事に取りかかって下さいね」
 いつもは、小さくなってしまうタナカなのに、何故、今日に限って、リアルタナカなのか・・・セバスチャンは嫌な予感がした。



 「あっ・・・坊ちゃん・・・」
 夜の秘め事・・・
 朝のシエルの言葉に応える為に、セバスチャンのした事・・・
 何と自身の身を女に変え、シエルに与えたのだ。
 悪魔であるセバスチャンには、造作もない事・・・
 しかし、永い悪魔の生の中、初めて主に女となって、その身を与えるのは初めてだった。
 過去、契約した女性の中では、セバスチャンに女性にならせ、お友達として、傍にいる事を望んだ女性が一人はいたから、女体が初めてではないのだが・・・
 享楽と快楽の中、身を置いている悪魔なのだから、主に抱かれるのも、まんざら嫌ではないのだが・・・
 何か恥ずかしい感じがした。
 羞恥心など悪魔は、持ち合わせていない・・・
 「はっ・・・」
 女の性感体の一つの乳首に吸いつかれては、セバスチャンも堪らない・・・
 しかし、シエルの右手は、セバスチャンの下肢に下りていて、下着の上から、秘めたる場所を摩りだす。
 「何だ・・・もうヌルヌルじゃないか・・・」
 セバスチャンは、既に愛液を滴らせ、シエル自身を待ち望んでいた。
 シエルが抱きやすい様に、多少、身長を縮めていたので、シエルは苦労する事なく、愛撫出来たのだ。
 「やっ・・・そんな・・・はぁっ」
 セバスチャンの背が仰け反った。
 ツプッ・・・
 シエルの指が下着をずらしながら、花弁に差し入れられたのだ。
 クチュッ・・・クチュッ・・・
 セバスチャンの内部で、シエルの指は、怪しく蠢いた。
 何処で経験したのだろう・・・
 シエルの指使いに悪魔であるセバスチャンですら、翻弄された。
 自分の知らない所で、女を抱いたなど考えられない。
 ズルッ・・・
 シエルの指は、セバスチャンの内部から引き抜かれた。
 「あっ・・・」
 セバスチャンは、絶頂を迎える寸前で、焦らされ、残念だと言う様に、言葉を漏らす。
 シエルはセバスチャンの下着をあっと言う間に、取り去った。
 「ぼっ・・・坊ちゃん・・・」
 シエルの眼前には、セバスチャンの女性器が晒された。
 悪魔なのに、恥ずかしがるセバスチャンが、シエルには新鮮だった。
 シエルは無言でセバスチャンの花弁に、舌を這わせていった。
                2に続く・・・
       H24.6.29    P10:54