FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


QRコード

QR


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「目には目を悪戯には仕返しを4」FINリベンジの部分もR-18
 とうとうラストになりました(*^_^*)
 リベンジ部分のHがっつりいきます(*^_^*)
 H苦手なお嬢様は、御戻り下さいね。
 少しでも楽しんで頂けたら幸いです。



          「目には目を悪戯には仕返しを4」 
 「どうぞ執務室へ・・・坊ちゃんとセバスチャンは、執務室にてお待ちしてます」
 ジェフを出迎えたのは、コックである筈のバルドだった。
 それだけで大抵の者は解ってしまう。
 執事であるセバスチャンに、執事失格の振舞いをさせる程に、シエルが
怒っていると言う事なのだから・・・
 無言のまま、ジェフは執務室を目指す。
 (だから嫌だったんだ。あの執事を見ていたら、どう言い訳しても、伯爵を想っている事は明白だ。権力をカサに着る重役でも、社長である伯爵に背く事など、出来はしないのに・・・)
 そう重役と言えど、雇用されている身・・・
 社長が切ろうと思えば切れるのだから・・・
 コンコン・・・
 「入れ!」
 許可の声も、怒っている様だ・・・
 「失礼します。」
 ジェフは気が気ではない。
 恐る恐る、入室してみた。
 「良く来たな・・・まぁ紅茶でも飲んで、それからの話だ・・・」
 一言も執事は挨拶すらしない。
 なんだか、居心地が悪いが、用意された席に着き、社長と同席を許されたジェフ。
 コポコポ・・・
 小気味良い紅茶が注がれる音・・・
 優雅だと思う。
 子供の伯爵が見つけたと言う執事セバスチャンは・・・
 それだけでなく美しい・・・
 歳の頃は27歳くらいの青年だろう・・・
 ジェフは30歳で、少し年上だった。
 ちゃんと妻を娶り、子供も息子が一人いるジェフ。
 英国の執事は、主人が許可しない限り、結婚は許されていない。
 365日、主人に捧げる日々・・・
 性的な快感は満たされず、主の慰み者になっている執事もいると聞いている。
 それが、貴族と言う者だから・・・
 「どうぞ、坊ちゃんのお好きなガトーショコラでございます。」
 執事は満面の笑みで、給仕する。
 それが怖いのだとは知らないジェフ。
 たかが人間に嬲られて・・・
 それが、セバスチャンが怒る理由だろう。
 シエルが自分の意志で、セバスチャンを抱きたいと願うなら契約上も、それ以外でも、無条件で身体を差し出しただろう。
 しかし、今は違う。
 会社の為だけと言うセバスチャンに取っては、くだらない理由で、自分を嬲ったのだ。
 ジェフに八つ当たりしても罰は当たらないだろう。
 だが、契約がある限り、シエルに命令されなければ、無闇に人の命は奪えない。
 「社長・・・この間のお話は・・・」
 「ああ・・・あれか・・・あんなモノに頼らずとも、僕には大切なモノがあるからな。僕がもっと大人だったら、良かっただろうがな。やはり、生身の身体が一番だ。」
 二ヤリとシエルが笑う。
 「ええ・・・無機質なモノよりも、生身の身体が一番ですね。貴方達は違うのでしょうか?」
 セバスチャンがジェフに微笑み、尋ねる。
 悪魔であるセバスチャンを知らないとしても、今のセバスチャンのオーラを感じたなら、どんなに強い存在でも裸足で逃げだすだろう・・・
 「わ・・・私は、只、重役達に言われて、彼を守りたかっただけで・・・」
 ジェフの言葉に、嘘はない。
 重役達は、あわよくば、セバスチャンを玩具で嬲ろうとしていたのだから。
 ジェフは開発スタッフのチーフと言う立場を利用し、独断でシエルに採決を仰いだだけなのだ。
 貴族は、暇を持て余し、自由と金で人の心さえ踏みにじる者が殆どなのだ。
 シエルの様に、禁欲的な伯爵など存在しない。
 例え、シエルが社長であっても子供・・・言葉巧みに操り、セバスチャンを手に入れるのが、重役達の本当の望みだった。
 ジェフは、背中に汗が流れるのを感じていた。
 (怒っている・・・しかし、彼は美しい・・・)
 まるで、自分までセバスチャンの虜にされた様な・・・
 もしかして、社長は自分の執事に魅入られたのではないだろうか?
 妖艶な存在の彼に・・・
 「なら、もういい・・・この件は二度と、僕の判断により、開発される事も、玩具として売り出す事も許さん!重役達には、お前から伝えろ!不服なら、直接僕に抗議に来る様にと・・・お前の適切な判断で、コト無きを得た。感謝する。これからも、我社の為に尽力してくれ。御苦労だった。下がっていいぞ」
 シエルはジェフを労った。
 社長として、褒めるのも大事な事だ。
 「それでは、これで失礼します。私は、社長の為に、御役に立てた事が喜びですから」
 これ以上、セバスチャンを見ていたくなかった。
 シエルのモノである事を強調された気がして・・・
 自分は貴族ではないが、きちんと女性と結婚した男なのだから・・・
 断じて、男色などではないのだ。
 セバスチャンに取り、ジェフは使用人達と同列だ。
 客とは呼べない者を見送る事などない。
 ドアを閉めて退出する瞬間、シエルに覆い被さるセバスチャンを見た気がした。
 全ては夢幻・・・
 貴族達の世界は幻想の世界・・・
 ジェフは、ファントムハイヴの屋敷から出て行った。
 愛する妻と子供のいる世界こそが、自分の世界なのだから・・・
 
 「んっ・・・ふっ・・・」
 角度を変えて、セバスチャンはシエルに口付ける。
 社長であるシエルの立場を守るのも、自分の仕事だろう。
 しかし、貴族である一部の重役達の自分に向ける目が許せない。
 シエルが子供である為、未だ彼らの欲望の対象が、自分である事は幸いだった。
 シエルが真の目的であったなら、命令など聞かない。
 彼らを八つ裂きにしていただろう。
 「セバスチャン・・・僕は大丈夫だ。そんなに怒らなくても・・・」
 深いキスの後、やっとセバスチャンに解放されたシエルは、ぎっと抱き付いた。
 首に手を回し、耳元で囁く・・・
 「そんな貴方だから、私は心配なのですよ・・・貴方は、私をどこまでも虜にする。」
 セバスチャンは、シエルを組み敷いた。
 明るい陽光の中、シエルが嫌がるであろう行為をこれからするのだが、もう、止める事は誰にも出来ない。
 「フフ・・・僕の身体で、悪魔のお前を虜に出来るのだったら、何度でも差し出そう。僕だけの悪魔セバスチャン・ミカエリス」
 シエルは、愛した悪魔に食われるのを許した。
 どこまでも、一緒に、一つに溶けて・・・
                                   FIN
            H24.7.29      P9:53

 リベンジ部分
 半分寝てて、書けなかった所を書いてみます。
 シエセバ部分がありますので、苦手なお嬢様は、ご遠慮下さいね(*^_^*)

 

 グチュ・・・ブチュリ・・・
 卑猥な水音がする。
 「もう坊ちゃん・・・ああっ」
 ヴヴヴ・・・無機質なバイヴがセバスチャンの蕾にねじ込まれていた。
 ジェフがローションを用意してくれれば良かったのだが、代用品として使ったオリーブオイルがまずかった・・・
 透明な黄緑色の液体が、シエルがバイヴを動かす度に、セバスチャンの蕾からタラタラと零れるのだ。
 「あっ・・・ダメッ」
 セバスチャンは焦った。
 シエルは何と、セバスチャンの蕾から溢れるオリーブオイルを舐め取ったのだ。
 セバスチャンは顔を赤らめ、羞恥に染まる顔は美しい。
 人を誘惑する為だけの存在である悪魔・・・
 しかし、今はまだ13歳の子供に、翻弄されているのだ。
 「んんっああっ・・・離れ・・・もう出る・・・」
 セバスチャンは、息も絶え絶えに、シエルに伝えたが、シエルは甘んじて受けとめた。
 ドクンドクン・・・
 大人の男であるセバスチャンの射精の量は生半可ではない。
 秘部に舌を這わせていた筈なのに、多少なりとも、シエルの顔面を汚していたのだ。
 「申し訳ございません・・・坊ちゃん・・・」
 セバスチャンは、自分の精液で汚れたシエルの顔を舐め取る。
 それだけでシエルは、幼茎を昂ぶらせた。
 「お前が欲しい・・・セバスチャン・・・」
 セバスチャンが『?』となっていた間に、シエルはセバスチャンを押し倒していた。
 「はっああっっ」
 ズプン・・・
 セバスチャンの蕾にシエルのモノが挿入された。
 「動くぞセバスチャン」
 「どうぞシエル・・・キスを・・・」
 セバスチャンは、シエルに抱かれ、喘ぎ声を聞かれたくなくて、キスを求めた。
 身長差がある為、組み敷かれているセバスチャンは、背中を丸めてシエルとキスをしなければならないが・・・
 身体を重ね、熱を共用し、一つに溶け合う瞬間・・・
 高みを求め、シエルは腰を使う。
 (私の初めては貴方だったら良かったのに・・・)
 『愛してる』と素直に言えない悪魔は、バイヴでなく貴方自身で愛して下さいとも言えず、空回りをし、遠回りするのだ。
 後悔しても、もう遅いのに・・・

     あとがき 
 TLで小説書きます。 
と言ってて焦らしプレイさせて頂きました(*^_^*)
 ソラスチャン様に捧げます。
 どんな内容でも好物とおっしゃって下さり、ありがとうございました(*^_^*)
 次回は女体セバスチャン
 「セバスチャンの誤算」シリーズか、
 過去のセバシエのリクエスト
 「過去からの呼び声」シリーズのどちらか行きます(*^_^*)