FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

おいしそう

是非、食べたい♥


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


ハロウィン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Caffarel カファレル】 カンパーナ パウンドケーキ
価格:1728円(税込、送料別) (2017/9/13時点)



ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


スイーツ

チョコ

食べたい~


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


スムージー

飲んでみたい♥


アマゾン商品


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


カラリオ新製品

プリンター紹介


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新記事


カテゴリ


時計

今、何時?


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


最新コメント


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



アマゾン

アマゾンの紹介


QRコード

QR


最新トラックバック


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「闇からの誘惑」GF10月号ネタばれからの小説SS
 漫画を描く予定の寮監セバスと生徒シエルの出だしを小説にしてみました( ^)o(^ )
 凄い短編です。
 軽ーい男性同士の戯れがありますので、苦手なお嬢様は見ないでね(>_<)



    「闇からの誘惑」
 「おや、こんな時間にどうしました?」
 ミカエリス先生は、ロレンスに声を掛けた。
 シエルを探って、図書室に来た筈なのに、そこにはミカエリス先生しかいなかった。
 「何か探し物でも?」
 「いえ・・・失礼しますミカエリス先生」
 シエルがいなければ、そこにいる理由もない、
 ロレンスは退出していった。
 ばさっ
 「乱暴にして申し訳ありません。マークされているようでしたので」
 「少し派手に動きすぎたな・・・」
 何とシエルは、セバスチャンのマントに隠されていたのだ。
 勿論、多少の魔力も使用されていただろうが・・・
 「おや?どうされました坊ちゃん・・・お顔が赤いですよ?」
 セバスチャンがクスクス笑う。
 そこにいるのは、寮監としてのミカエリス先生ではなく、悪魔の赤い瞳のセバスチャン・ミカエリスだった。
 シエルが名付けた悪魔。
 そんな事を聞かれるまでもなく、シエル自身己の変化にとっくに気付いていた。
 セバスチャンに欲情したのだと・・・
 ウェストン校に潜入して以来、肌を合わせていないのだ。
 シエルの過去の凌辱の記憶が、己自身を慰める行為を拒んでいる事くらい、セバスチャンにはお見通しだ。
 シエルがどんなに隠しても、セバスチャンには解ってしまう。
 「フフ・・・こんなに張り詰めて・・・」
 悪戯なセバスチャンの指は、緩く頭を擡げたシエル自身をズボンの上から、なぞっていた。
 「やめっ・・・セバス・・・」
 久し振りの快感にシエルの背筋はゾクゾクする。
            漫画に続く・・・
           H24.10.28   PM1:10