FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

おいしそう

是非、食べたい♥


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


ハロウィン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Caffarel カファレル】 カンパーナ パウンドケーキ
価格:1728円(税込、送料別) (2017/9/13時点)



ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


スイーツ

チョコ

食べたい~


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


スムージー

飲んでみたい♥


アマゾン商品


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


カラリオ新製品

プリンター紹介


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新記事


カテゴリ


時計

今、何時?


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


最新コメント


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



アマゾン

アマゾンの紹介


QRコード

QR


最新トラックバック


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「道に迷っても」セバシエSSびみょ~H
セバス企画の前に想いついた短編です。
 えっ?と言う突っ込みはなしで、サラッと読んで下さいませ。



 「道に迷っても」
 「う~ん・・・」
 どれ程激しい情交の後でも、シエルは目覚めてしまう・・・
 以前とは違う身体・・・
 今は悪魔だから・・・
 逆にセバスチャンは安らかな眠りについている様だ。
 あの日、薔薇迷宮で誓った言葉・・・
 『永遠にお前は僕の執事』
 言葉は呪縛となり、セバスチャンを縛り付けた。
 魂を喰らえなくなった為、シエルの精気で、飢えを補うしかなくなってしまった。
 糧を失えば、セバスチャンは暴走するかも知れなかった。
 しかし、本来の悪魔の気質から言えば、クロードがアロイスを手にかけた様に、シエルを殺せないなら、見捨てても良かったのだ。
 セバスチャンが解からないシエル。
 もう二人だけで暮らして、100年はたった頃だった。
 そっといつもの様に、ベッドから抜け出すシエル。
 廊下に出て歩き出す。
 月明かりが綺麗だった・・・
 「僕はいつまで生き続ければいいのだろう・・・」
 不意に出る疑問。
 ゴトッ・・・
 悪魔であっても不死身ではない・・・
 疑問を持ってしまったシエルは、床に倒れ伏した。
 壊れたマリオネットの様に・・・
 フッ・・・
 セバスチャンが目覚めた。
 傍らに眠っていた筈のシエルがいない・・・
 嫌な予感がする・・・
 「坊ちゃん!!!」
 セバスチャンはベッドから飛び起き、走り出す。
 例え呼ばれなくとも、身体の関係がある以上、意識は繋がっている。
 程なくして、倒れているシエルを見つけた。
 「坊ちゃん・・・」
 セバスチャンは絶句した・・・

 「う~ん・・・」
 シエルが目覚める。
 「ここは・・・何だこれは・・・」
 「ようこそ・・・わたくしのお茶会へ・・・」
 シエルの目の前に黒と白の衣装の少女がいた。
 目の色は、薄い水色だが、黒々とした長い巻き毛、ゴシックロリータと言った風情のワンピースを纏った少女は、闇の雰囲気を持つ。
 「青の女王と呼ぶべきかしら・・・」
 クスクスと笑う少女にカッとなるシエル。
 「煩い!どうせ奴が眠ってる間にこんな格好を・・・奴は何処だ・・・」
 「さぁ?そなたがいなくて泣いているやも知れぬぞ?」
 目の前の少女は異質だ・・・
 威厳を備えた物言い・・・
 かつて『女王の番犬』だった自分ですら、軽い恐怖を感じる。
 「お前・・・何者だ!セバスチャンの事を知ってる口ぶりだな?お前も悪魔と言う事か?」
 「フフ・・・その様な可愛らしい衣装で凄まれても、迫力に欠けるな?シエル・ファントムハイヴ」
 「煩い!!!」
 「シエル!!!何て口の利き方を・・・」
 シエルはビクリとする。
 背後から聞き覚えのする声が・・・
 「リリス様、失礼致しました。シエルがご無礼を・・・」
 「構わぬ。前から彼には興味があった・・・一度会ってみたかったのじゃ・・・」
 「貴女様が呼ばれたのですか?シエルを・・・」
 「マダム・レッド・・・」
 背後を振り返ったシエルは、懐かしい人の名を口にした。
 「あら~ん・・・覚えてくれてたのね・・・嬉しいわ・・・でもセバスチャンと逸れてしまったのね、貴方は・・・」
 「嫌、彼は自分でココに来たのじゃ・・・自分を見失っての・・・」
 「では今頃は、セバスチャンが焦ってるでしょうね」
 リリスとマダム・レッドはニコニコと笑う。
 「どう言う事だ?僕が自分を・・・所で貴女は王妃であられますか?」
 シエルは言いながら、跪き礼を取る。
 「セバスチャンから教育されたのか?如何にもわたくしは王妃じゃ・・・貴族の性か?女王には跪くと?」
 「いえ、貴女にご無礼を働くと、セバスチャンの立場が悪くなると危惧しただけで・・・僕が自分を見失ってるとは?」
 「言葉の通りじゃ・・・そなた自分の生きる意味を失ったか?これを見るがいい・・・」
 リリスが手を振ると、巨大な鏡が現れ、ある映像を映し出した。
 セバスチャンが慌ててシエルを抱き起こしている映像・・・
 『坊ちゃん・・・坊ちゃん・・・シエル・・・』
 シエルの虚無な身体を揺さぶったり、頬に擦り寄ったり・・・
 自分に悪魔学を教育する為に、家庭教師モード全開の昼間のセバスチャンからは、想像も出来ない只の男がソコにいた・・・
 「あんたってば、愛されてるのね・・・セバスチャンに・・・」
 ホゥ・・・と溜息交じりのマダム・レッドにクワッと歯を剥くシエル。
 しかし、映像はエスカレートするばかり・・・
 人の魂を喰らう事のないシエルに、キスで自分の過去の蓄えを送り込み、目覚めを誘発しようとしてるセバスチャンがソコにいた。
 「いい加減に帰ってやれ!これ以上行為が進むのを見せたくないならな?我々は一向に構わぬが・・・」
 マダム・レッドと顔を見合わせ二ヤつくリリス。
 「解かった!帰ればいいんだろう?何であんな面倒な奴を・・・」
 シエルは本能的に、鏡がセバスチャンの元に戻れる一番近い道だと気付いていた。
 「さようなら・・・マダム・レッド・・・僕はもう道に迷わない・・・僕にはセバスチャンがいる。貴女が何故ここにいるかは知らない。もう二度と会う事もないだろう・・・いつか転生して、幸せになって欲しい・・・」
 シエルは言いながら、鏡に入って行く・・・
 「シエル、貴方こそ幸せになって!!!」
 声の限りにマダム・レッドは叫んだが、シエルの耳に届いたかどうか?
 「さぁ・・・二人は二人・・・わたくし達のお茶会を始めましよう・・・」
 リリスに促され、マダム・レッドは席に着く。

 鏡を通り抜け、シエルは本体に戻っていく・・・
 一向に目覚めないシエルに、セバスチャンは焦り気味で、キスを繰り返す。
 グッとシエルに後頭部を掴まれ、セバスチャンの舌にシエルの舌が絡まった。
 クチュッ・・・チュッ・・・
 「坊ちゃん・・・」
 「ただいま、セバスチャン」
 「坊ちゃん・・・もう二度と私を置いて行かないで・・・私から離れないで・・・」
 抱き締める身体が震えてるのを感じたシエルだった。
 「ああ・・・僕が道に迷ったら、お前が導いてくれるんだろう?僕は、お前を愛したんだから・・・」
 「ええ・・・私は貴方を導く者です・・・そして貴方も私を導いた・・・私達はお互いを引き寄せたのだから・・・私も貴方を愛しています」
 永遠の愛の誓い・・・
 シエルはセバスチャンの為に悪魔になったかも知れない。
 「孤独な魂に祝福を・・・」
 二人の誓いは永遠に・・・
                FIN
H25.3.26 P10:18