FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


QRコード

QR


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「BLUE JEWELS 18」R-18アニメバージョンセバシエ
  今年最後の更新です。
  今年一年、お世話になりました。
  また、来年も宜しければ、お付き合い下さいませ~


「BLUE JEWELS 18」  

 白と黒の薔薇が咲き乱れて・・・
 キャ~ウフフ・・・
 賑やかな声がする。
 「もう!お父様ったら、またこんな所で居眠りして・・・お母様!お父様ったらねぇ・・・」
 可愛らしい少女の声。
 「困ったお父様だ・・・」
 聞きなれた声・・・
 「坊ちゃん・・・」
 「何言ってるんだ?もう僕は男じゃない!」

 ガバッ・・・
 シエルの声に言葉に、セバスチャンは飛び起きた。
 「んんっ・・・」
 ハッ・・・
 その途端、腕の中のシエルが身じろぐ・・・
 (あれは夢?)
 「どうした?お前らしくもない・・・」
 シエルは、急に覚醒させられて、眠そうに目をこすっていた。
 「いえ・・・少々素晴らしい夢を・・・」
 「夢?珍しいな・・・悪魔でもそんな夢見るんだな?」
 二コリと笑うシエルに、セバスチャンはドキリとした。
 (ああ・・・珍しい貴方の笑顔。貴方は、私を虜にする。私をいつも楽しませて下さる。)
 「悪夢でない夢を見たのは、初めてに近いですね。貴方が私を変えて下さったのですよ。この退屈な悪魔としての生を・・・生きてて良かったと思わせて下さったから・・・」
 クロードが言っていた言葉を思い出す。
 悪魔は自分の美学と、欲望のみに生きる。
 自分以外の悪魔のモノであっても、奪いたい欲望は止められない。
 「だったら僕は生き続けても価値があった訳だ?」
 フフン・・・
 そんな感じのドヤ顔のシエルに、セバスチャンは背筋をゾクゾクさせた。
 人であった時、マダム・レッドの墓で見せたシエルの凛とした姿は変わらない。
 悪魔となっても・・・
 怠惰な悪魔の生・・・
 自分自身、怠惰とは無縁の悪魔だった。
 シエルも変わらない。
 只、魂が喰らえなくなっただけ・・・
 「私は幸せですね。貴方と巡り合えたから・・・貴方はどうでしょうか?」
 「そ・・・そんな事いちいち聞かなくても・・・」
 枕に突っ伏すシエルの耳は真っ赤で・・・
 「貴方は何も言って下さらない・・・ですからそのお口で聞かせて頂きたいのですよ。私は貴方を愛しています。貴方は私の獲物でしたが、今でもそれは変わらない。只、魂だけでなく、その体も心も欲しい・・・」
 「馬鹿・・・言葉にしなくても解るだろう?お前をあ・・・愛してなければ、ここまで来て妻になったりしない・・・愛してる・・・僕も・・・」
 真っ赤なシエルの耳元で囁く甘いセバスチャンの声。
 それだけで、シエルは耳だけでなく、頬まで赤く染めた。
 「ねぇ・・・シエル。私を見て・・・私だけの貴方」
 クルッと向きを変えたシエルは、行き成りセバスチャンに口付ける。
 「お前も未来永劫、僕だけのモノ・・・僕だけの悪魔セバスチャン」
 妖艶に笑うシエルもシエルで・・・
 「イエス・マイロード・・・」
 夜に溶けていく二人・・・


 シュッシュッ・・・
 イザべラはアスタロトの髪をブラッシングしていた。
 宴までの間、彼女の容姿に変化があってはならない。
 艶やかな黒髪で名を馳せた彼女が、変化していては怪しまれる。
 しかし男は何て愚かなんだろう。
 王子にしても、何を血迷ったか、同族の悪魔二人の命と引き換えに、たかが子供の主を妻に迎えたのだから・・・
 しかも、次期王妃にする為に、わざわざ魔界で式を挙げて・・・
 「ねぇ・・・ベールゼブブ様は、優しく愛して下さる?ベール様はああ見えて結構ウブでらっしゃるのよ。魔界に墜ちた時、大勢の悪魔のオモチャにされた私を救って下さった。それからは、私だけ愛して下さる。だから、貴方は私の命令を実行するのよ。必ず!!!」
 「はい・・・イザべラ様・・・」
 精気のないアスタロト。
 ベールの血により、操られているのだから、心はないも同然。
 殆ど会話など成り立たないが、それでもイザべラは良かった。
 一人は寂しい・・・
 ベールは只一人、自分だけを今は愛してくれているが、その後は解らない。
 悪魔など気紛れな存在だから・・・
 人間であつた時も今もそんなに変わらない。
 幸せとは縁遠いのが自分だと理解しているイザべラだったから・・・
 それでも長い生の悪魔になってしまった以上、生きていかねばならぬ。
 自分の運命を弄んだ神に一矢報いるまで・・・
 

 コンコン・・・
 「んっ・・・何だサタナキア?入れ・・・」
 いつの間にか眠ってしまっていたセバスチャンは、シエルを抱いたまま声を掛けた。
 「失礼致します」
 サタナキアは一礼して、部屋に滑り込んだ。
 「サタン様からのご連絡です。明後日に宴を開催すると・・・4大魔王の紹介の宴のみの予定ですが・・・」
 王子の腕の中で眠る王子妃は、あどけなかった。
 見かけの年相応な寝顔・・・
 「そんなに見ないで下さい。シエルが減ります不快な気分です・・・」
 何事にも動じず、気に掛けない性格の筈の王子に驚く。
 「見たくらいでは王子妃様が減る事はありません。お珍しい・・・貴方がそんな事おっしゃるなんて・・・余程、その方は大事でいらっしゃる。まさに次期王妃として相応しい」
 「珍しいのは、お前です・・・誰かを褒めるなどあり得ない」
 セバスチャンは、嫌そうな顔をしていた。
 そんな二人の会話など、耳に届かないのか、シエルはスヤスヤと眠り続ける。
 「可愛いでしょう?この方は人であった時は、いつも虚勢を張っていらっしゃった。今は私を虜にしながらも、以前と変わらず威厳があり、私が仕えるに相応しいお方です。本当は魔界になど戻りたくはなかったのです」
 眠るシエルの髪に口付けながら、セバスチャンは言う。
 「お察し致します。リリス様から窺ってます。シエル様は利用された様なものでしょう?ですが、それに気付いていても、動じられぬ・・・素晴らしいお方ですね」
 「だったら、お前達で何とかして欲しかったですね。シエルをもうこれ以上巻き込みたくなかったです・・・」
 クロードとハンナにしてやられたセバスチャンだったから・・・
 「ですのに貴方は受けて下さった。それがどんな結果を産もうとも・・・」
 「ええ・・・その為に、私はシエルを疲れる程、抱いているのですから・・・」
 悪魔の目的・・・
 策略は動き出し、王子夫妻を巻き込んで・・・