FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2014年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


QRコード

QR


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「愚かしい程、愛してる 2」R-18セバシエ
お待たせしました(>_<)
 やっと完結です。
 少しのエロですが・・・
 また暫く焦らしプレイで・・・
 そろそろ本気出して、部屋の片づけしなきゃ((+_+))



    「愚かしい程、愛してる 2」 
 ドサッ・・・
 「んっ・・・なっ・・・」
 城に着くなり、シエルはセバスチャンに寝室に連れて行かれ、ベッドに押し倒される。
 「やめ・・・傷の手当て・・・」
 「大丈夫ですよ、貴方に治して頂きますから・・・」
 「僕が治す?」
 「ええ・・・こうやって・・・」
 セバスチャンはあっという間に、シエルを全裸にした。
 羞恥で顔を赤くするシエル。
 目の前には、セバスチャンの裸体だったから・・・
 おずおずと手を伸ばし、まだ血が止まらない傷口に触れる。
 ヌルッ・・・
 血に触れた手の感覚に背筋が凍る。
 「もう二度とこんな事するな・・・傷を負うな・・・」
 「ええ・・・坊ちゃん・・・私は貴方の命令に従いましょう・・・」
 「これは命令何かじゃない!僕の望み・・・お願いだ!!!」
 「イエス・マイロード・・・さぁ・・・おしゃべりは止めて・・・私はいつだって貴方には、余裕がないのですから・・・」
 「良く言う・・・僕が悪魔になったら、キスすらしなくなったと言うのに・・・」
 「失態を貴方に咎められるのが怖くて・・・貴方の望みは永遠に叶えてあげれませんから・・・」
 「だったらお前は永遠に、僕の傍にいればいい!!!二度とこの手を離すな、逝く時は僕も連れて行け!最期の時でもそれくらいの力は残ってるのだろう?」
 「本当に貴方と言う方は・・・私が先に死んだら、貴方は自由ですのに・・・」
 「ふん、お前の様に使えない駄犬飼ってやってたんだ。主として責任取ってやる。この命は元々お前のモノなんだから・・・」
 「でしたら、私の為に啼いて下さいね・・・」
 「あっ・・・なっ・・・」
 ヌルッ・・・クチュッ・・・
 セバスチャンはあちこちデスサイズで切り付けられていた。
 まだ傷口から出る血は乾かず、生々しい・・・
 「久し振りに触れるココは固いですね・・・」
 「ひっ・・・何で・・・」
 シエルの固い蕾は、セバスチャンの指を受け入れ始めていた。
 潤滑油代わりのセバスチャンの血を纏わせた指を・・・
 「はっ・・・ああ・・・」
 シエルは欲を放っていた。
 「悦いでしょう・・・それが悪魔になると言う事です。人であった時とは、感覚が違うのですよ。人の血は甘く、心地良いのですよ・・・」
 甘く囁く、久し振りの閨でのセバスチャンの声は、シエルの性感を敏感にしていく。
 グチュッ・・・グチュッ・・・
 「ああ・・・ここはとても素敵に解れて・・・」
 ズプッ・・・
 「はっ・・・ああっ・・・」
 「んっ・・・まだ少し固かったですか・・・」
 グチュッ・・・グチュッ・・・
 生々しい卑猥な音が寝室に木霊した。
 シエルの内部は熱く、セバスチャン自身に絡み付く。
 セバスチャンは悪魔の中でも、人を好んで抱く方ではなかった。
 シエルの命令の遂行の為に、修道女を誑かした事はある。
 魂を手に入れる為に、その体を道具として使った事もあったが、これ程の快感は感じた事はなかった。
 シエルは全てが規格外だったのだ。
 「シエル・・・」
 ベッドの中だけしか呼べない主の名前・・・
 本当の名ではないが、それが主が選んだ名前・・・
 修羅の道を歩み、自分の糧になる筈だった魂・・・
 「私のシエル・・・」
 お互い偽りの名前で生きて行く。
 「あっ・・・セバスチャン・・・」
 激しく突き上げられ、久し振りの快楽に知らずに、涙が溢れた。
 セバスチャンはシエルの涙を舐め取り、背筋をゾクゾクさせた。
 マダムレッドの葬儀の後、再びシエルに命令された時の様に・・・
 「本当に・・・貴方は厄介な契約者ですよ・・・私を従属させたばかりではなく、心まで縛り付ける・・・何処にも行かせてくれない・・・」
 「お前は永遠に僕のモノだ・・・」
 「イエス・マイロード・・・永遠を共に・・・」
 朽ち果てる時、シエルの命は自分のモノ・・・
 もう誰にも奪われたくない、失いたくない・・・
 悪魔は欲望に忠実だから・・・
                                FIN
                 H26.2.23 A5:53