FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

おいしそう

是非、食べたい♥


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


ハロウィン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Caffarel カファレル】 カンパーナ パウンドケーキ
価格:1728円(税込、送料別) (2017/9/13時点)



ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


スイーツ

チョコ

食べたい~


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


スムージー

飲んでみたい♥


アマゾン商品


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


カラリオ新製品

プリンター紹介


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


最新記事


カテゴリ


時計

今、何時?


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


最新コメント


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



アマゾン

アマゾンの紹介


QRコード

QR


最新トラックバック


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「甘く哀しい痛み 3」ぴよ様リクエスト純情セバシエ
 ぴよ様お元気ですか?お身体大丈夫でしょうか?
 お待たせ致しました(*^_^*)
 一ヶ月過ぎてしまいました((+_+))
 仕事がハードで肘やられていました・・・
 いつもコメント頂きありがとうございます。
 お返事出来ずすみません(>_<)
 少しの更新ですが、楽しんで頂けると嬉しいです♥
 
「甘く哀しい痛み 3」
 
(本当に素直じゃないですねぇ・・・)
 悪魔でなくても溜息を吐いてしまう。
 鈍感なる主には・・・
 悪魔の美学を棄ててでも、守りたいと想っているのに・・・
 だからこそ、手に入れたいのかも知れないが・・・
 諦めるなど悪魔には無縁。
 欲しいモノは欲しい・・・
 主の心が欲しいと想った瞬間セバスチャンは心を決めた。
 何れ復讐は終わる。
 それが何年かかろうと、悪魔の自分には些細な事。
 その時、主がどう動くか?
 それまでに、自分と共に歩む道を選ばせる様に仕向けるだけ・・・
 誘惑で魂を得る存在が悪魔。
 人であるシエルには、拒む事など出来はしない。
 自分と契約をした以上、欲望に塗れている証拠なのだから。
 (坊ちゃん・・・最後の瞬間まで私は悪魔で執事ですから・・・)
 主の望まぬ事はしたくない。
 力ずくで体を奪う事をすれば、シエルは心を閉ざす。
 それならば、自覚しない心の奥底に入り込み、自ら、体を開かせる方が賢明だろう。
 待つのには慣れている。
 長い長い、気の遠くなる様な刻を一人で孤独に生きてきたのだから・・・
 「んっ・・・美味い・・・」
 滅多にない主の褒め言葉。
 「それはようございました」
 執事らしく返す自分。
 シエルとの生活に慣れ、すっかり執事としての所作が染みついた自分。
 例え、気が変わり、主の魂を喰らったとしても、次に人間と契約する事などないだろう・・・
 これが最後の契約・・・
 悪魔がアダムとイブを誘惑したとされるリンゴから作られたコンポートを美味しそうに頬張る主を見て、セバスチャンの瞳が赤く輝くのに、シエルは気付かない。
 (悪魔の私をここまで堕としめて・・・覚悟なさい坊ちゃん・・・)
 シエルはセバスチャンの思惑に気付かないまま、デザートを平らげていった。
 「ごちそう様・・・ちゃんと明日もスイーツ作るんだろうなぁ?」
 「喜んでる割には、脅迫めいてますが・・・何かリクエストはございますか?」
 セバスチャンはクスクス笑っていた。
 「煩い!笑うな・・・んっガトー・ショコラがいい」
 「かしこまりました。では暫くおやすみ下さいませ。少し腫れて熱っぽいですからね」
 「わかった・・・では楽しみに待ってる」
 手をシッシと降るシエル。
 用が済めば、執事は要らない。
 「では失礼します」
 ドアを閉め、退出するセバスチャン。
 シーツに潜り、シエルは寝ようと必死だった。
 少しでも早く回復しなければ、仕事が滞る。
 何より、セバスチャンは自分をお姫様抱っこで移動しかねない。
 そんな子供ではないのだが、悪魔で執事の美学には、逆らう気もおきない。
 (契約だからって普通、悪魔がここまでするのか?)
 ドキドキと胸が激しく動き出す。
 先程より顔は真っ赤で心臓は、胸を突き破って、飛び出そうだった。
 先程、盗み見たセバスチャンの顔を思い出して・・・
 (こんな感情は知らない・・・要らない・・・)
 復讐に生きる自分には必要のない感情・・・
 それでも自覚し出した感情は止まらなかった。
                     4に続く・・・
          H26.5.25 P12:12