FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


QRコード

QR


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「嫉妬」びみょ~なセバシエ R-18
ふっと思いついたセバシエ
出会ってすぐのセバシエは初だった様な・・・
セバスチャンが出張ってますが・・・
少しでも楽しんで頂けるといいなぁ♥


          「 嫉妬 」 

 「ああ・・・呼んでいる・・・」
 セバスチャンは溜息を付きながら、読みかけの本を閉じた。
 脆弱な子供と契約して、一週間が過ぎた頃だった。
 気丈な主は昼間は、自由きままに、自分に執事の教育を施す。
 紅茶が不味ければ、遠慮などなく、手の平にカップから注ぐ。
 悪魔でなければ、火傷するだろう熱さなのに・・・
 仕返しに、課題にミスすれば、手の平を鞭で叩いてやる。
 スッとした・・・
 それが毎日の私達の日課。
 広い屋敷に二人きり。
 誰の邪魔も入らぬ、二人だけの空間だった・・・
 夜を除いて・・・
 主と出会ったのは、あの黒ミサで召喚された日・・・
 主の身に何が起こったのか聞かされてないので、はっきりとは知らない。
 知ろうとも思わない。
 私は悪魔だ。
 主が純潔でなかろうが、気にしない。
 ハズだった・・・
 ある夜までは・・・
 何時もの様に、執事の仕事に関する書物を読みふけっていた時だった・・・
 「ああ・・・またですか・・・」
 毎晩の様に悪夢に魘されて・・・
 寝室では、主は布団に包まり、昼間の凛々しさは何処へやら・・・
 セバスチャンの名前を言えば、現実に戻ってくる気高い主。
 生身の体の主に風邪をひかれてはたまらない。
 契約を反故にするのには、まだ早い。
 もっと退屈を紛らせて貰わねば。
 何時もの様に、手を伸ばし、布団に入れようとすれば、手を撥ね退けられるハズだった・・・
 今日に限っては違った。
 ガクガクと震え、抱きついてきた。
 「ぼっ・・・ちゃん?」

すぐ理由は解った。
 悪夢が引き金となり、夢精していたのだ・・・
 それで何があったのか、悟ってしまった・・・
 ギリッ・・・
 唇を嚙み締めると血が出てきた。
 牙が唇を裂いたのだろう。
 何故苛立つのか理解出来なかった。
 「大丈夫ですよ・・・年頃の男の子には、よくある事ですよ・・・」
 言いながら主をベッドに押し倒していた。
 「セバスチャン?あっ・・・」
 射精して、萎えた可愛らしい性器を思わず、口に含んでいた。
 クラクラする甘い香り・・・
 今までの契約者には感じなかった密の味・・・
 全てが、私を狂わせた。
 「やめて!僕は汚い!!!」
 悲鳴にも似た主の叫び。
 それでも、理性など戻りはしなかった。
 「私は悪魔。不浄の権化ですよ?貴方が汚いなどと、そんな事はありません。大丈夫ですよ、ただ貴方に快楽を味あわせて差し上げましょう・・・」
 (今のところはね・・・)
 「こんな事初めてで・・・怖い・・・」
 ドキッとした。
 後ろは散々凌辱されていたのは、出会って、この屋敷に連れ帰ってきた時に、知っている。
 誰がどれ程、彼を嬲ったかは関心ないだけで・・・
 ただ、自分の欲望をぶつけるだけに、主を抱いたのか!!!
 怒りが込みあがる。
 私達悪魔は人を誑かす時に、行き成り突っ込むなどと、無粋な事はしない。
 今の主の様に、舐めて解して優しく抱くと言う事も相手次第だが・・・
 女ならば簡単だ。
 私達悪魔の容姿だけで、自ら濡れてくれる。
 一々、キスしたりとか、手順を踏まずとも、性器にむしゃぶりつく愚かな女もいた程で、すぐコトに及べたからだ。
 「あっ・・・やっ・・・」
 多分、主は後腔に媚薬とか塗り込まれただけで、次々と男根を咥えこまされたのだろう。
 男は女とは違う。
 後ろを開発されれば感じる生き物。
 内部の構造が違うから、仕方のない事・・・
 「うっ・・・うぇ・・・」
 鳴き声が聞こえた。
 「大丈夫ですよ・・・ここは檻の外・・・ただ、これくらいで、貴方の正気を失くされては困ります。貴方には私の主として相応しい方になっていただかなくては・・・」
 説明ももどかしく行為に没頭した。
 「うっ・・・あっ・・・」
 主はあっけなく再び射精していた。
 甘い蜜を全て飲み干し、立ち上がり。
 「お湯で綺麗にして差し上げましょう。暫し、お待ちを・・・」
 目的を果たしたら、執事に戻らなければならぬ。
 例え自分の欲望が頭を擡げたとしても・・・
 部屋から出た私は、魔力ですぐに全ての物を用意して部屋に戻った。
 主は、欲望を吐き出したせいか、スヤスヤ眠っていた。
 シャツを脱がし、お湯で汚れた部分を綺麗にし、最後に性器の汚れを拭き取る。
 主の精液の香りに狂わされそうだか、まだ早い。
 全てを頂くには・・・
 「素敵でしたよ・・・坊っちゃん・・・今までの主より貴方は・・・」
 聞こえない様にそっと呟いた・・・
 いつになったら、彼を抱けるのか?
 そんな欲望を胸に秘め、今日も執事として退出しなければ・・・
 そのジレンマがたまらない。
 セバスチャンは気付かない。
 シエルを抱いた者達への怒りがなんなのか?
 「嫉妬」
 など感じた事のない悪魔だから・・・
                        FIN
H27.10.6 10:37
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://culos.blog65.fc2.com/tb.php/1204-73c924ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)