FC2ブログ
rukifel
  • Author:rukifel
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
九条静音の黒執事妄想劇場
セバスチャンxシエルのBL中心の日記です。九条静音の黒執事個人誌の紹介もあります。その他ネタバレの配慮は致して居りませんので、ご注意18禁有り
フリーエリア

黒執事 映画

Blu-ray


フリーエリア

GFファンタジー

セバスチャンのアップ


黒執事イラスト

黒執事のカラーイラスト色々


最新記事


ミニ薔薇色々

ミニ薔薇の写真


リンク

このブログをリンクに追加する


黒執事お勧め本

黒執事の全てが解るらしい・・・


楽天バナー

 色々、楽しみな商品


フリーエリア

熱帯魚のパーツ


FC2カウンター


アクセスカウンター


カテゴリ


猫の新人シルバー君


色々な写真

スイーツだったり、ガーデニングだったり、黒執事のカラーイラストもあるかも知れません。

猫の画像とかもあります。


アマゾン

アマゾンの紹介


アマゾン商品


pixiv

 色々なイラスト載せてみました。


最新コメント


ミニ薔薇

今年のミニ薔薇

可愛い花を購入しました(*^_^*)


花と猫

DSC_0371
DSC_0371 posted by (C)rukifel


黒執事DVD他

黒執事関連商品の紹介


色々な桜

養老公園と名古屋の桜の色々


コミケの紹介

夏コミの情報が色々です♥


COOK PAD

ホットミックスでメイプルクッキー

Cpicon ホットケーキミックスでメイプルクッキー by HAKOにゃん


ブログ・ランキング

ランキングの紹介


プロフィール

rukifel

Author:rukifel
FC2ブログへようこそ!


今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-


アクセサリーと本人後ろ姿

趣味のビーズアクセサリーと本人後ろ姿


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ご連絡はこちらから

ご意見、ご感想、問い合わせ等にご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR


月別アーカイブ


コカ・コーラパーク


最新トラックバック


フリーエリア

夕食とかディナーの写真

スイーツもあり


QRコード

QR


カラリオ新製品

プリンター紹介


RSSリンクの表示


検索フォーム


おすすめ

かわいい子犬の販売紹介


ウイルスバスター


プリンター

商品紹介


FC2チャット


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


動画

FC2動画


『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)


「恋しくて」悪魔セバシエR-18夫婦設定
御久しぶりです。
一か月ぶりの更新です。
就活頑張ってます。
色々あって、改めて、ハローワークへ行ってきました。
今度の面接は、初めての合同説明会までに結果が出るかギリギリで慌てふためいてます。
詳しくは、有料ブログで更新できたらいいなぁ・・・
短いですが、悪魔夫婦セバシエお届けします。
「BLUE JEWELS」番外編なので、本編も完結したいです。
次は、パラレルセバシエのエロエロ書く予定ですぅぅぅ(+o+)



  「恋しくて」
 こんな気持ちになるなんて・・・
 誰でも良かったのに・・・
 自分の望みさえ、叶えてくれるなら・・・
 それだけが、契約にして、最大の望みだったのに・・・
 シエルは考える。
 どうしてこうなってしまったのかと・・・
 セバスチャンへのささやかな復讐のつもりが、選択を間違ってしまったのかと?
 それでも、本当の望みは叶ってしまった。
 自分の恋心・・・
 アロイスには、ああ言ったけど、本当は愛されたかった・・・
 自分の十歳の誕生日に全てを失ってしまった。
 愛する人全てを・・・
 契約を破るつもりはなく、セバスチャンに魂を喰われて終わるつもりだった。
 寧ろ、契約を反故にしたのは、セバスチャンだったのだ。
 嘘を吐いたから・・・
 僕を騙したから・・・
 例えそれが、契約の為でも、それにより、僕の魂は永遠に失われた。
 全てを失ったセバスチャンは、僕を手に掛けた。
 僕を殺すだけが、目的だろう?
 人でなくなった僕には、価値がないから・・・
 それでも僕は嬉しかった。
 永遠にセバスチャンは僕のモノだから・・・
 それがどんなに残酷であろうとも、僕の知った事か!!!
 僕を裏切ったセバスチャンへの復讐であり、本当の望みが叶った瞬間だった。
 例え、どんなに厭われようとも、もう二度とこの手を離さない。
 恋しくて・・・
 僕の心はセバスチャンに占領されてしまった。
 エリザベスは只の従姉妹。
 元々、僕と添い遂げる相手ではなかったから・・・
 嫌いではない、寧ろ好きだが、愛してはいない。
 僕をここまで堕としめたんだから、責任を取って貰おうか?
 なぁ、セバスチャン・・・
 永遠の誓いは既に交わした。
 既成事実も作った。
 もうお前は永遠に僕のモノ・・・
 シエルは自分を抱き締めたまま眠るセバスチャンに、心の中で話しかけた。
 執事であった時は、殆どなかった二人だけの時間は、永遠に続くかに思われた。
 しかし、今日も魔界での一日は明けていく。
 夜の時間が長いだけで、朝も来るのだ。
 「んっ・・・坊っちゃん・・・おはようございます。お早いですね?もう起きてらっしゃったんですか・・・」
 「もう僕は、坊っちゃんじゃないだろう?何だか慣れないから落ち着かない・・・魔界にも、朝は来るんだな・・・」
 セバスチャンに抱き締められ眠るのは、心地良いが、何だか恥ずかしいシエルだった。
 チュッ・・・チュッ・・・
 セバスチャンは軽くキスの雨を降らす。
 シエルの身体には、昨夜の名残の赤いバラの様な、キスマークが点々と付いていた。
 この後、入浴したらばれるだろうが、構わない。
 一度は殺そうとしたが、もう魂は喰らえない。
 それならば、身体ごと喰らってやろう。
 どんなに啼いて喚いても、もう手放す事など、出来はしない。
 愛してしまったから・・・
 人として振る舞っていたせいなのかは不明だが・・・
 「ではシエル・・・もう一度入浴の前に、貴方を頂けますか?」
 「んっ・・・好きにしろ!」
 「もっと可愛らしくおねだりを・・・」
 「無理だ!でもそんな僕がいいのだろう?」
 「よく御解りで・・・ではシエル・・・」
 セバスチャンの甘い甘いキスで蕩かされて・・・
 シエルはセバスチャンの腕の中で花開く・・・
 魔界で、生きていく為に・・・
                 FIN
H.28.3.25 P3:52
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://culos.blog65.fc2.com/tb.php/1360-4aded96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)